地域連携

本学の各施設が立地する地域との連携も、本学が積極的に取り組んでいる社会貢献のひとつの形です。美術大学ならではの知と技術の資産を活用し、地域と密に連携した活動は、地域の教育や文化活動にも大きく貢献しています。

地域との主な連携プロジェクト

大学コンソーシアム八王子

八王子地域には、23の大学・短期大学・高等専門学校があり、約11万人の学生が学んでいる全国でも有数の学園都市です。
「大学コンソーシアム八王子」は、この地域特性を活かし、大学・市民・経済団体・企業・行政などが連携・協働し、大学・学生・市民の皆さんにとって、よりいっそう魅力ある学園都市をめざして、2009年4月に設立されました。
大学コンソーシアム八王子の多彩な事業展開のなかで、以下の11大学等と単位互換も行っています。
東京工科大学、創価大学、サレジオ工業高等専門学校、ヤマザキ学園大学、東京家政学院大学、東京工業高等専門学校、山野美容芸術短期大学、東京造形大学、東京純心女子大学、杏林大学、明星大学

「さがまちコンソーシアム」への参画

相模原市と町田市にある近隣大学・企業・行政などが連携し、多彩な学びの場を市民に提供する「教育学習事業」、まちづくりの担い手を育成する「人材育成事業」、新たな文化・福祉・産業の発展に寄与する、「地域発展事業」といったさまざまな事業を展開しています。

  • さがまちコンソーシアム大学への講座提供/ 2009年~
  • 相模原・座間市民大学への講座提供/ 2008年~
  • ケーブルテレビ番組制作(映像論ゼミ)/ 2008年~
  • 町田市民病院アートワーク計画/ 2007年
  • 町田市中学2年生職場体験事業/ 2005年~

アートラボはしもと

美大生や若手作家、こどもたちや市民、商店街、企業、NPOなどが連携し、さまざまな事業を展開するアートの活動拠点として2012年5月3日にオープンしました。本学、桜美林大学、女子美術大学、東京造形大学および相模原市とは、アートラボにおける先進的・実験的な事業を実施するための基本協定を締結しています。

八王子学園都市大学(愛称:いちょう塾)

大学コンソーシアム八王子の一事業で、市民が意欲をもって学ぶ機会の場を提供することを目的として、市民に大学の正規授業や講座を公開しています。

「つたえよう!アニメで卒業メッセージ」

八王子市柏木小学校6年生の図工の授業を、2003年から3年間にわたりサポートしたプロジェクトです。卒業記念で行う小学生のクレイアニメの制作を情報デザイン学科の学生ボランティアが一緒に手伝いました。

多摩美術大学彫刻展

本学が八王子市と共催で2004年から定期的に行っている美術展です。
彫刻学科の教員・学生の作品を中心に定期的に行っています。

高大連携授業

高校生に大学の実習や講義を受講する機会を設ける活動です。2004年から、東京都立芸術高校・東京都立片倉高校の生徒の希望者を対象に、美術学部(八王子キャンパス)で実現してきました。また2007年からは東京都立八王子桑志高校、2008年からは東京都立工芸高校、2015年からは東京都世田谷総合高校、神奈川県弥栄高校とも連携を開始しました。

その他、近年の活動

  • 町田市小山ヶ丘小学校「GAOKAフェス」への参加/2015年~
  • 町田市小山中央小学校「サマースクール」開催/2013年~
  • ギャラリー「たまびば」の空間提案、実施、出展、運営/2005~2015年
  • 地域と大学を結ぶ情報紙「さがまち」の企画参加/2003年~
  • 「地域で支えよう町田っ子の未来探し(中学2年生職場体験事業)」受け入れ/2005年~
  • 八王子鑓水地域フェスタへの参加/2002年~
  • 八王子市立鑓水小学校5年生との共同研究/1999年~
  • 多摩美の取り組み
  • 研究活動
  • 産学官共同プロジェクト
  • 地域連携
  • アキバタマビ

資料請求