多摩美術大学

美術学部 演劇舞踊デザイン学科[演劇舞踊コース・劇場美術デザインコース]

タマビでブタイ。

美大で舞台を学ぶ。

美大で舞台を学ぶ。それは、どういうことでしょうか?

舞台とは総合芸術です。そのため、豊富な「実技/専門演習」と「教養/専門講義」を体系的に学ぶことで、美意識を持つ俳優、舞踊家、演出家、舞台美術家等を育成することが目的です。

舞台における役割とその専門性から「演劇舞踊コース」「劇場美術デザインコース」の2つのコースを設け、各コースが専門性を高め、交差し合いながら舞台上演を学びます。俳優や舞踊家志望の学生にも美術造形の実習があり、芸術的個性を持つ人材がオリジナリティ溢れる舞台を創造します。

授業は、イメージ豊かな表現力や造形力を習得する徹底した実践性に重きをおき、表現者たることの畏れと、これからの文化の担い手たることの責任を自覚することを促します。各分野で第一線のプロとして活躍する教員が、現場性をもって、身体表現のメソッドや上演実習、スタッフワークの技術指導等を行い、これからの舞台芸術を担うプロフェッショナルな表現者を育てます。

News

もっと読む

ページのトップへ