多摩美術大学 美術学部 演劇舞踊デザイン学科[演劇舞踊コース・劇場美術デザインコース] タマビでブタイ。
  • ホーム
  • 教育課程 劇場美術デザインコース

教育課程 劇場美術デザインコース

美術大学で学ぶ舞台とはどういうものか?
舞台とは総合芸術です。芸術的個性を持つ人材がオリジナリティ溢れる舞台を創造するのです。
豊富な「実技/専門演習」と「教養/専門講義」を体系的に学び、美意識を持つ俳優、舞踊家、演出家、舞台美術家等を育成します。

履修科目

【 実技 / 専門演習 】

1年次

  • 基礎造形A[描写・グラフィックデザイン基礎等]
  • 空間デザイン基礎 I[デッサン/製図/模型/コンピュータ実習/舞台見学/スタジオ見学]

2年次

  • 空間デザイン基礎 II[劇場美術/映像美術/照明/音響/衣裳]

3年次

  • 劇場美術演習 I[空間/照明/音響/衣裳]
  • 上演制作実習 I[演劇舞踊コースと合同制作]

4年次

  • 劇場美術演習 II[空間/照明/音響/衣裳]
  • 上演制作実習 II[演劇舞踊コースと合同制作]
  • 卒業制作[演劇舞踊コースと合同制作]

「劇場美術デザインコース」では1年次に基礎造形でデッサンや色彩構成などの基礎的な造形力と、舞台美術/映像美術講義/製図/模型製作/コンピューター演習など基礎スキルを徹底的に習得します。
2年次には、舞台美術/映像美術/照明/音響/衣裳などカテゴリー別演習を全員が履修、将来のデザイナーとしての方向性を見つけます。
3/4年次には、ゼミ方式でカテゴリー別専門演習を中心に総合的な演習を実施します。

「劇場美術デザインコース」「演劇舞踊コース」両コースともに、現場性を重視しています。観劇にはゲネプロ見学やバックステージツアーを組み合わせ、またドラマや映画の制作現場の見学とスタッフワークを組み合わせるなど、制作現場の実践的な理解と体感を高める演習を提供します。
また、3/4年次には、「上演制作実習」で演劇舞踊スタジオや外部劇場を使用し、両コースが連携して実践的な上演演習等を行います。数多くの体験型授業を積み重ね、最終的には「卒業制作」に繋げていきます。

【 教養 / 専門講義 】

1年次、2年次

  • 演劇舞踊史
  • 身体表現論
  • 映画映像史

2年次、3年次

  • 演劇舞踊史研究
  • 劇場文化論
  • 劇場美術デザイン史
  • 演劇舞踊論

3年次、4年次

  • プロデュース研究
  • セラピー研究

「教養/専門講義」は、「演劇舞踊史」「劇場文化論」「劇場美術デザイン史」「身体表現論」「映画映像史」など、スキルの習得に連動した理論系科目で両コース共通科目です。
また、この他語学など共通教育科目も履修します。

ページのトップへ