研究支援部

研究支援部について

本学の研究活動の歴史は古く個々の科学研究費に始まり様々な形で発展し現在に至っています。それらは美術系ならではの独自の領域として進められてきました。また他の領域との融合し様々な形で発展して来ました。その一方、様々な機関・企業等との共同研究も進められて来ていて毎年数多くの研究成果を出し、社会からも高い評価を得ています。さらには平成2年から「学内共同研究制度」が導入され学内においてもその学科の枠に囚われない幅広い研究環境が構築されています。

また平成16年度には産官学共同研究で培った実績を実際の教育現場に取り入れ実践したところ「特色GP・現代GP・大学院GP」等の文部科学省の競争的資金で行う選定事業にも選ばれました。それ以外においても「科学技術振興機構(JST)の研究資金」CRESTが採択されています。「競争的外部資金」、「各種教育改革プログラム」など社会から大学の研究機能充実に対する要求は年々増加しています。

このような社会的な流れや他大学の動向に鑑み、本大学では、2007年6月に、研究資金等の適正な管理に関る業務を効率的・統一的に行う研究体制のを進める一環として、研究支援部が設置されました。研究支援部は、総務部、教務部、メディアセンターなど各組織において分散管理していた業務を実効性のある組織として設立されました。 また将来的には本学の特徴を生かした研究の戦略的な推進を図り、研究関連の総合窓口として展開して行くつもりです。

公的研究費の運営・管理に関する責任と権限体制について

多摩美術大学では、文部科学省通知「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」の趣旨に基づき、本学の公的研究費の運営・管理に関する責任と権限体制について、2014年10月付けで以下のように定めました。

  1. 最高責任者 学長
    機関全体を統括し、競争的資金の運営・管理について最終責任を負う。
  2. 統括管理責任者 研究支援部長
    最高責任者を補佐し、競争的資金の運営・管理について機関全体を統する実質的な責任と権限を持つ。
  3. コンプライアンス推進責任者 研究支援部長
    実施状況を確認・報告し、コンプライアンス教育を実施・監督し、競争的資金等の管理・執行についてモニタリングするとともに、改善を指導する。

公的研究費の不正防止に関する基本方針

  1. 機関内の責任体系を明確にする
  2. 適正な運営・管理の基礎となる環境を整備する
  3. 不正を発生させる要因を把握し、不正防止計画を策定・実施する
  4. 情報発信・共有化を推進する
  5. モニタリングの在り方を検討する

多摩美術大学における公的研究費の不正防止計画

「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」をもとに、次のとおり不正防止計画を定めます。

1. 機関内の責任体系の明確化

項目 具体的な取り組み
責任体系の明確化

責任体系を明文化し、大学ホームページにて学内外へ公表し、周知をはかる。(2015年度実施済)
 最高管理責任者:学長
 統括管理責任者:研究支援部長
 コンプライアンス推進責任者:研究支援部長
 研究倫理教育責任者:大学院研究科長
 不正防止計画推進部署:研究支援部
 研究費予算執行管理部署:研究支援部

2. 適正な運営・管理の基礎となる環境の整備

項目 具体的な取り組み
研究費の使用及び事務手続きに関するルールの周知 研究費運用基準の作成
「科研費使用ルール」を該当の研究者へ配布。(毎年)
「科研費使用ルール」を大学ホームページへ掲載。(毎年)
「科研費使用ルール」を用いた、説明会の開催。(毎年)
事務処理手続きに関する相談窓口(研究支援部)の設置。(2007年度設置済)
職務権限の明確化 「学校法人多摩美術大学事務組織規則」を制定している。(2007年度制定済)
関係者の意識向上 「多摩美術大学の研究活動における行動規範」及び研究活動の不正行為についての説明を行い、「誓約書」の提出を求める。(毎年)
コンプライアンス教育を実施する。(毎年)
調査に関する規程の整備 「学校法人多摩美術大学研究活動における不正行為の対応に関する規程」を制定。(2015年度制定済)

3. 不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施

項目 具体的な取り組み
不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定 「学校法人多摩美術大学公的研究費の管理および監査に関する規程」「学校法人多摩美術大学公的研究費にかかる内部監査実施要領」に基づき、科学研究費等の執行状況を監査し、その過程において不正発生要因を把握する。(2011年度より実施)
内部監査の結果に基づき、最高管理責任者、統括管理責任者のもとで、事務取扱部署で不正防止計画を見直す。
不正防止計画実施 研究支援部長は、研究者に対して不正防止計画を説明する。

4. 情報発信・共有化の推進

項目 具体的な取り組み
相談窓口の設置 研究費の使用、事務手続きに関する相談窓口(研究支援部)の設置。(2007年度設置済)
通報窓口 「学校法人多摩美術大学公益通報に関する規程」に基づく委託窓口。(2009年度設置済)
研究活動における不正行為の調査に関する事務担当部署:研究支援部。(2015年度設置済)
情報の伝達 学内ホームページなどを活用して、行動規範、科研費使用ルールに関して理解を深める。(毎年)

5. モニタリングの在り方

項目 具体的な取り組み
内部監査の実施 「学校法人多摩美術大学公的研究費の管理および監査に関する規程」「学校法人多摩美術大学公的研究費にかかる内部監査実施要領」に基づき、科学研究費の執行・管理体制について内部監査計画を策定し、定期的に内部監査を実施する。(2011年度より実施)
不正防止計画の見直し 統括管理責任者は研究者及び事務取扱部署により定期的に意見を聞き、不正防止計画の見直しを行う。