相模原市と包括連携協定を締結しました

  • TOP >
  • お知らせ >
  • 相模原市と包括連携協定を締結しました

学校法人多摩美術大学は神奈川県相模原市と「包括連携協定」を締結しました。
11月11日(金)には相模原市役所において、加山俊夫相模原市長と藤谷宣人本学理事長が出席し協定締結式が執り行われました。

本学八王子キャンパスに近接する同市は、多くの学生が在住し、最寄りとなる「橋本駅」が大学までの路線バス発着拠点に位置付けられていることで、生活・通学の中心となっています。
また教育研究の分野においても、これまでに同市との官学協働はもとより、同市に拠点を置く企業と産学協働のプロジェクトに取り組むなど、さまざまな分野において協力関係を築いてきました。
これらの成果を生かし、更なる連携の充実・強化を図るためにも、連携の基盤となる包括連携協定の締結が最も効果的であるとの双方合意により協定締結に至りました。

藤谷宣人理事長(左)と加山俊夫相模原市長(右)

連携・協力内容

次に掲げる事項について、相模原市と連携していきます。

  1. 教育・文化・芸術に関すること
  2. 人材育成に関すること
  3. 健康・福祉に関すること
  4. 環境保全に関すること
  5. まちづくりに関すること
  6. 産業振興に関すること
  7. 防災に関すること
  8. 相互に連携し、及び協力することが必要と認められる事項に関すること

掲載日: 2016年11月11日