2021年度以降の多摩美術大学入学者選抜について(予告)

【更新日: 2019年9月27日】

  • TOP >
  • お知らせ >
  • 2021年度以降の多摩美術大学入学者選抜について(予告)

多摩美術大学では、文部科学省が策定した『高大接続改革実行プラン』に添い、大学教育改革に取り組んでおります。入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)に基づき多様な学力を評価するため、2021年度スタートする「大学入学共通テスト」と連動して本学独自の学科試験においても改革を行います。入学者選抜への準備を踏まえ概要を公表いたします。また今後、追加や変更が生じた場合は、速やかに公表いたします。

選抜区分について

入学者選抜の区分を次のとおり変更します。

現行の入試種別(2020年度入学試験まで)
一般入学試験 一般方式
センターⅠ方式
センターⅡ方式
推薦入学試験 公募制推薦方式
自己推薦方式
特別入学試験 外国人留学生入学試験
帰国生入学試験
3年次編入学試験
変更後の選抜種別(2021年度入学者選抜より)
一般選抜 一般方式
共通テスト併用方式
共通テスト単独方式
学校推薦型選抜
総合型選抜
特別選抜 外国人留学生選抜
帰国生選抜
3年次編入学試験

英語の「資格・検定試験」の成績について

一般選抜(一般方式、共通テスト併用方式、共通テスト単独方式のいずれも)の「英語」において、「資格・検定試験」の成績は使用しません。

一般選抜 「一般方式」について

「国語」…国語総合(古文、漢文を除く)、国語表現、なお小論文を課します(現行のまま)。

「英語」…コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、なお記述式の問題を課します。

  • ※一般選抜一般方式「英語」において「資格・検定試験」の成績は使用しません。

一般選抜 「共通テスト併用方式」「共通テスト単独方式」について

現行の一般入学試験「センターⅠ方式」「センターⅡ方式」については、大学入学共通テストを利用する「共通テスト併用方式」「共通テスト単独方式」として継続して実施します。
各学科・専攻・コースの大学入学共通テストの対象教科・科目については現行のセンターⅠ・Ⅱ方式に準じます。

大学入学共通テスト「英語」の評価方法について

【リーディング(100点満点)】と【リスニング(100点満点)】の点数を「共通テスト併用方式」「共通テスト単独方式」の方式と各学科・専攻・コースにより、それぞれ点数換算して評価します。
換算後の点数は①【リーディング】+【リスニング】または②【リーディング】のみのいずれか高得点を評価します。

共通テスト併用方式

学科・専攻・コース 「英語」の評価方法
絵画学科日本画専攻
絵画学科版画専攻
彫刻学科
工芸学科
グラフィックデザイン学科
生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻
生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻
環境デザイン学科
情報デザイン学科メディア芸術コース
情報デザイン学科情報デザインコース
芸術学科
統合デザイン学科
演劇舞踊デザイン学科演劇舞踊コース
演劇舞踊デザイン学科劇場美術デザインコース
以下の①または②のいずれか高得点を評価
①【リーディング】50点満点に換算+【リスニング】50点満点に換算
②【リーディング】100点満点
絵画学科油画専攻 「英語」を使用しない

共通テスト単独方式

学科・専攻・コース 「英語」の評価方法
生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻
環境デザイン学科
情報デザイン学科情報デザインコース
統合デザイン学科
演劇舞踊デザイン学科劇場美術デザインコース
以下の①または②のいずれか高得点を評価
①【リーディング】50点満点に換算+【リスニング】50点満点に換算
②【リーディング】100点満点
芸術学科 以下の①または②のいずれか高得点を評価
①【リーディング】100点満点+【リスニング】100点満点
②【リーディング】200点満点に換算

大学入学共通テスト「国語」「数学」について

一般選抜の共通テスト併用方式と共通テスト単独方式の「国語」と「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」において記述式問題の成績を合否判定に利用することを検討しています。