教職課程担当専任教員公募

求人件名 教職課程担当専任教員公募(注:2019年4月1日採用)
部署名 美術学部 共通教育研究室
求人内容

仕事内容

教職課程関連科目の担当
関連業務(学生の指導、会議・委員会の出席、カリキュラムの作成、入試関係業務、その他大学及び学部等に関する校務)

勤務地

多摩美術大学 八王子キャンパス 
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723

応募資格

以下の項目のすべてに当てはまること

  1. 教職課程関連科目の一部を担当できる方
  2. 担当科目に係る「学位」、「著書・学術論文」、「職務上の実績」、「職務経験」、「資格等」を有する方
  3. 中・高教員経験者は、「著書・学術論文」を、「大学や教員研修センター等での実践的・実証的研究成果の発表記録や著作等」に替えることができる。
待遇 本学就業規則及び給与規程による
雇用年齢67歳まで
募集期間 2017年12月2日(土)必着
応募・選考・結果通知・連絡先

採用条件

※2019年4月1日採用については、2018年度中に行われる文科省による「教職課程認定での教員審査」に合格することを条件とします。
採用までの流れは、次のとおりとします。

  1. 2017年度中:大学における選考により、「内々定」とします。
  2. 2018年度中:文科省による教員審査(課程認定委員会は、1回目・2018年8~10月頃と2回目・2018年11~12月頃)に合格した際に、学内手続きを経て「内定」とします。
    ※文科省による教員審査過程で、追加の業績記載を求めることもあります。
    ※文科省による教員審査で「不合格」となった場合は、「内々定」を取り消し、採用致しません。
  3. 上記を経て、2019年4月1日採用となります。

担当科目[法律上の区分]

  • 教職論(半期15週/教職担当2名で担当)[教職の意義及び教員の役割・職務内容(チーム学校への対応を含む。)]
  • 教育基礎論(半期15週)[教育の理念並びに教育に関する歴史及び思想]
  • 教育制度論(半期15週)[教育に関する社会的、制度的又は経営的事項(学校と地域との連携及び学校安全への対応を含む。)/教育課程の意義及び編成の方法(カリキュラム・マネジメントを含む。)]
  • 道徳教育論(半期15週)[道徳の理論及び指導法]
  • 教職実践演習(集中/教職担当3名で担当)[教職実践演習]
  • 教育ゼミ(通年)[大学が独自に設定する科目]
  • 教育実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ(教職担当3名で担当)[教育実習]

応募書類

  1. 履歴書・業績書(本学所定書式および文科省所定書式)各1通
    ※本学所定履歴書に連絡先の電話番号とEメールを明記してください。
    ※書式については「所定書式ダウンロード」より取得してください。
    ※文科省所定履歴書・業績書については、「教職課程認定申請の手引き(P.43-P.48)に基づき、記入してください。
    http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/kyoin/1387995.htm
  2. 担当科目シラバス案
    ※「教職課程認定申請の手引き(P.40-P.42)」に基づき、記入してください(様式は任意)。
    ※法令上の区分が同じであれば、既存シラバスでも結構です。
    ※教職論、教職実践演習、教育実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲのシラバス案は不要です。
  3. 公刊10年以内の代表的な論文3点(修士論文・博士論文を除く)の抜き刷りまたはコピー各1本
    ※中・高教員経験者は、それに替わるもの。
  4. 美術大学での教職に対する抱負(A4 1枚程度)

書類提出締め切り

12月2日(土)到着厳守

1次審査を通過した方のみ12月9日(土)迄にメールにて連絡し、2次審査(面接)を12月13日(水)八王子キャンパスにて行います。3次審査以降については、個別にご連絡します。

応募書類送付先

多摩美術大学 八王子キャンパス 共通教育研究室
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1723

備考

  1. 封筒に「教職専任」と明記してください。
  2. 応募書類は原則として返却いたしません。
  3. 書類送付や面接の際に発生する交通費などの経費は自己負担となります。
  4. 選考に関するお問い合わせはご遠慮ください。

問い合わせ先

多摩美術大学 共通教育研究室 
gakkah-staff@tamabi.ac.jp
※電話での対応は行なっておりません。予めご了承ください。

Web応募 不可

以上
掲載日:2017年10月5日