このページはJavaScriptを使用しています。より快適にご覧頂くためにJavaScriptを有効にすることをお勧めします。

  1. トップページ
  2. 教員紹介
  3. 教授:髙柳 恵里

教授

髙柳 恵里

髙柳 恵里
「無題」「回転ログ」「館」「みかん」「Tシャツのたたみ方」「ブックホルダー」「置物セット」「scene 1」「古着coordinate」「たらいに水滴」「側面あるいは正面(蓼科山)」「右へ」「自由なカーテン(東京都現代美術館での展示風景)」「2m(ルールとアバウト)」「ミックス(細部)」「面積を増やす」「面積を増やす」「(左)土はどこにぶちまけられるだろうか、(右)どこでこの服を広げようか」「DVDレコーダー」「実存(3点同タイトル)」
1962年
神奈川県に生まれる
1988年
多摩美術大学大学院美術研究科修了
 
イタリア政府給費留学(ミラノ国立美術学院在籍)
主な個展
 
1986年
かねこ・あーとG1(東京)
1991年
「CURATOR’S EYE vol.2」ギャラリーNWハウス(東京)以降’94,’97,’99年開催
 
ギャラリートランスメディウム(東京)
1992年
「New Year New Art‘92」モリスギャラリー(東京)以降’94,’98,’99,’02年開催
1993年
ギャラリーゼロ(大阪)
 
「新世代への視点−10画廊からの発言」ルナミ画廊(東京)’89,’95,’96年開催
2000年
ON GALLERY(大阪)以降’05年開催
2001年
なるせ美術座(東京)
2002年
「「工芸的なるもの」をめぐって・北澤憲昭連続企画VOL.9」ギャラリーMAKI(東京)
 
Gallery Jin(東京)以降’03,’06,’07年開催
2003年
「近作展28 髙柳恵里」国立国際美術館(大阪)
2004年
藍画廊(東京)以降’08年開催
 
サイギャラリー(大阪)以降’08年開催
2006年
「展示」武蔵野美術大学美術資料図書館 民俗資料室ギャラリー(東京)
2009年
「中途のこと」MUSEE F+表参道画廊(東京)
2010年
Gallery Jin(東京)
2011年
「このようにしてあると思える突然の瞬間」藍画廊(東京)
2012年
「べつもの」サイギャラリー(大阪)
 
See Saw gallery + cafe(名古屋)
2013年
「不意打ち」TIME & STYLE MIDTOWN(東京)
2014年
「油断」上野の森美術館ギャラリー(東京)
 
switch point(東京)
2015年
「どこから近づくか 何が起きているか」Sai Gallery(大阪)
2016年
switch point(東京)
2017年
「事実」 TALION GALLERY(東京)
 
藍画廊(東京)
主なグループ展
 
1990年
「第9回平行芸術展」小原流会館(東京)
 
「第10回ハラアニュアル」原美術館(東京)
1991年
「ミラノ−アムステルダム」ブレラ国立美術学院(ミラノ)
 
「ザ サイレント パッション」栃木県立美術館(栃木)
 
「十五人の日本の現代彫刻家たち」イタリア文化会館(東京)
1992年
「彫刻の遠心力−この十年の展開」国立国際美術館(大阪)
1995年
「やわらかく 重く−現代日本美術の場と空間」埼玉県立近代美術館(埼玉)/ライフギャラリー(オハイオ)
1996年
「シガアニュアル '96 ハンドメイド・オブジェ」滋賀県立近代美術館(滋賀)
1999年
「MOT アニュアル1999 ひそやかなラディカリズム」東京都現代美術館(東京)
 
「VOCA展 '99 現代美術の展望−新しい平面の作家たち」(VOCA奨励賞)上野の森美術館(東京)
2000年
「崇高と労働」板橋区立美術館(東京)
2001年
「美術館を読み解く−表慶館と現代の美術」東京国立博物館(東京)
2003年
「心の在り処」ルードヴィヒ美術館(ハンガリー・ブダペスト)/モスクワ市現代美術館(モスクワ)
2005年
「Mot コレクション1920年代の東京 / 1960年代以降の美術」東京都現代美術館(東京)
2007年
「20世紀美術探検−アーティストたちの三つの冒険物語−」国立新美術館(東京)
2009年
「物とイメージの往還から Real life Sensibility」京都芸術センター(京都)
2011年
「9th Art Program Ome 2011 山川の間で」吉川英治記念館(東京)
2013年
「彫刻と呼ばれる、隠された場所—墓は語るか」武蔵野美術大学美術館(東京)
 
「Mot コレクション つくる、つかう、つかまえる -いくつかの彫刻から」東京都現代美術館(東京)
2014年
「Color Walls」TIME & STYLE MIDTOWN(東京)
 
「line」HAGIWARA PROJECTS(東京)
 
「開館20周年記念MOTコレクション特別企画 クロニクル1995-」東京都現代美術館(東京)
 
「名付けがたく 捉えることもむずかしい」See Saw gallery + cafe(名古屋)
2017年
「髙柳恵里×髙山陽介×千葉正也」多摩美術大学八王子キャンパス アートテーク・ギャラリー(東京)
2018年
「世界にたいする知と信 奥村雄樹|高柳恵里|豊嶋康子」駒込倉庫
パブリックコレクション
 

滋賀県立近代美術館、霧島アートの森、国立国際美術館、第一生命保険相互会社、ゆめおおおか、東京都現代美術館、東京国立近代美術館

髙柳 恵里「無題」
  • 1991 ⁄ 人工芝、発泡スチロール ⁄ 撮影 髙馬浩
髙柳 恵里「回転ログ」
  • 1993 ⁄ 木、モーター
髙柳 恵里「館」
  • 1997 ⁄ 雑巾 ⁄ 撮影 山本糾
髙柳 恵里「みかん」
  • 1999 ⁄ みかん
髙柳 恵里「Tシャツのたたみ方」
  • 2000 ⁄ Tシャツ
髙柳 恵里「ブックホルダー」
  • 2000 ⁄ アルミ ⁄ 撮影 上野則宏
髙柳 恵里「置物セット」
  • 2002 ⁄ 文庫本、絵葉書、レゴ、珊瑚、配置図付
髙柳 恵里「scene 1」
  • 2003 ⁄ 42×55cm ⁄ 発色現像方式印画
髙柳 恵里「古着coordinate」
  • 2005 ⁄ 衣類、ハンガー、塩化ビニールシート
髙柳 恵里「たらいに水滴」
  • 2009 ⁄ ステンレス製たらい、水
髙柳 恵里「側面あるいは正面(蓼科山)」
  • 2011 ⁄ 52.9×41.4cm 2点 ⁄ 同寸の2点のフレーム入り写真
髙柳 恵里「右へ」
  • 2011 ⁄ ビニール袋、クリスタル ⁄ 撮影 森政俊
髙柳 恵里「自由なカーテン(東京都現代美術館での展示風景)」
  • 2013 ⁄ カーテン、テープ ⁄ 撮影 椎木静寧
髙柳 恵里「2m(ルールとアバウト)」
  • 2014 ⁄ 発色現像方式印画
髙柳 恵里「ミックス(細部)」
  • 2014 ⁄ ビニール袋、砂利、アクリルスプレー
髙柳 恵里「面積を増やす」
  • 2015 ⁄ 3×140×133cm/ラグ、板
髙柳 恵里「黒土」
  • 2016 ⁄ 黒土
髙柳 恵里「(左)土はどこにぶちまけられるだろうか、(右)どこでこの服を広げようか」
  • 2017 ⁄ 黒土、服
髙柳 恵里「DVDレコーダー」
  • 2017 ⁄ DVDレコーダー、箱、梱包材
髙柳 恵里「実存(3点同タイトル)」
  • 2018 ⁄ 電卓、板、コーヒー缶、板、毛布、アルミ複合板、板 ⁄ 撮影 木奥恵三