美術学部 総合型選抜・学校推薦型選抜コンセプト

工芸学科

学科・専攻の特色

 工芸学科は、人類がモノを作り続けてきた営みとともに、常に私たちのそばにある「陶、ガラス、金属」を扱う3つのプログラムによって構成されています。人類がモノを作り始めたときから今も続く工芸には、普遍的な現在性があると言って良いでしょう。本学科は、造形作家のみならず、教育研究者やデザイナー、商品企画をはじめとするさまざまな創造の現場で活躍する人材を多く輩出しています。
 総合型選抜入学者は1年次すべてのプログラムを体験し、それをふまえ2年次より選択したプログラムで学びます。

選抜方針

 総合型選抜では、モノを作る意志の強い人、作ることを楽しめる人、そして工芸学科への志望の動機が明瞭な人物を求めて、選択科目A /B、小論文、面接の3つで総合的に審査します。
 まず選択科目ではA「鉛筆デッサン」かB「立体造形」のどちらかを選んで受験してもらいます。
 選択科目A「鉛筆デッサン」では、対象を正確に観察する力と平面でそれを描写して表現する力を見ます。また選択科目B「立体造形」では、身の回りにある材料をその特質を利用して造形に応用することで、発想し工作する基礎的な力を問います。(制作物について短いコメントを書いて自らの制作への取り組みを分析してもらいます。)
 「小論文」では自分の考えを的確に文章化し伝えること、そして「面接」では試験での制作へのとりくみを分析し話してもらいます。

高等学校等で学習・経験しておいてほしいこと

 「モノをつくる力」「モノで表現する力」には強い意志が必要です。それを支えるのは、あらゆる事柄に興味をもって接し、自ら取り組むべき課題を見極めようとする態度です。もちろんそのなかには、造形の基礎である物を描くデッサンも含まれています。小論文の基本にもなる、自身の視点で物事を眺め、自身の言葉で表現し伝える努力もしてほしいと考えます。