美術学部 総合型選抜・学校推薦型選抜コンセプト

環境デザイン学科

学科・専攻の特色

 環境デザイン学科は、インテリアデザイン、建築デザイン、ランドスケープデザインの3つの分野を横断して、人間が営むすべての「環境」を対象としたデザインを学びます。
 環境デザインとは、人々が安心・安全で幸せに過ごすための空間を創造する仕事だと言えます。人の命を預かる大事な仕事として社会的責任も伴います。その証として環境デザイン学科は一級建築士の受験資格を有しています。
 私達は、その社会的責任を負う覚悟を持って、広い視野で課題を発見し、的確かつ客観的に分析し、空間を設計します。そして、設計の意図を人と共有することを含む、そのすべての過程を「建築」の原意である「アーキテクチャ」と呼んでいます。卒業後は、企業や設計事務所で、アーキテクトとして幅広く活躍し社会に貢献できる人材を輩出しています。

選抜方針

 環境デザインでは、多様な視点で課題を把握し、空間を創造する力が求められます。例えば建築は「美術」「機能」「構造」の3つの柱で成り立つと言われています。それが美大に建築を学ぶ所以です。
 美術が得意な人だけではなく、数学や物理が得意な人、社会問題に対して関心の高い人も環境デザイン学科への適正があると考えます。

選択A
「空間デザイン」では、与えられた条件を理解した上で立体構成された空間を、総合的に評価します。
「プレゼンテーション面接」では、空間デザインで制作した作品についてプレゼンテーションしてもらいます。

選択B
「企画デザイン」では、現在~未来の社会をテーマとする出題に対して、課題を発見し、解決策を考え、様々な表現を用いて提案する力を、総合的に評価します。
「プレゼンテーション面接」では、企画デザインの提案についてプレゼンテーションしてもらいます。

高等学校等で学習・経験しておいてほしいこと

 東日本大震災や豪雨による被害等を背景に、建築を始めとする環境デザインの領域への志望者が増えていると聞きます。私達の分野で出来ることは何か、社会に役に立つことはないだろうか?そんな思いが伝わってきます。環境デザイン学科では、将来のアーキテクトを育成すべく、君たちを待っています。
 大きな目標に向かって、日々、私達を取りまく森羅万象に関心をもち、視覚と聴覚のみならず五感すべてを駆使して観察し、分析的に受け止める姿勢を身につけてください。さらに理系・文系という枠を超えて、環境デザインと関連している様々な分野に関心をもち、自分はどう思うのか、自分だったらどうするのか、いろいろな事象に対して自分の意見を持てるようになってください。将来のアーキテクトの卵として、積極的に多くの人と関わり、様々な人の意見を聞き、グループをまとめるなど、共同作業の経験をしておくことを望みます。