情報デザイン学科

メディア芸術コース 専門学科科目

1年次

基礎となる知識や技術に加え、インタラクションやデジタルクラフトを学ぶ。

実技・演習

メディア芸術基礎
【前期】
映像基礎/インタラクション
+メディア芸術基礎Ⅰ
【後期】
映像音響/クラフト
+メディア芸術基礎Ⅱ

2年次

演習課題を通じて、技法を修得すると同時に、プランニングなどの基本手法を学ぶ。

実技・演習

メディア芸術演習
【第①】
キネティック・アート/ライト・オブジェ/フォトグラフィック・プレゼンテーション
【第②】
3D アニメーション/シナリオ・デザイン/サウンド・パフォーマンス
【第③】
ジェネラティブ・アニメーション/ゲーム・アート/ヴィデオアート・コンストラクション
【第④】
エキシビット・プランニング/ブランデッド・ムービー/オルタナティブ・フォトグラフィー

3年次

理論に裏打ちされた作品を制作し、独自の表現を追究。

実技・演習

メディア芸術応用
原則通年履修
【前期】
メディアラボⅠ
イメージラボⅠ
フューチャーラボⅠ
【後期】
メディアラボⅡ
イメージラボⅡ
フューチャーラボⅡ

4年次

4年間の集大成として、卒業制作に取り組む。

実技・演習

メディア芸術総合+卒業研究制作【通年】
メディアラボ
イメージラボ
フューチャーラボ

卒業研究制作

2・3年次両コース共通講義科目

未来映像論/メディア写真論/現代色彩論/メディア・アート原論/ポスト・インターネット空間論/エンターテインメント論/メディア・イメージ論/社会創造論/パフォーミング・アーツ論/コミュニティ表現論/サウンド・アート論/ハイブリッド・アート/デザイン思考/情報システム論/認知科学/情報デザイン史/ネットワークメディア論/ヒューマンインターフェース論/タイムベースドデザイン論/インタラクションデザイン論/メディアデザイン論/社会デザイン論/情報と職業/情報視覚表現論/情報と社会

  • ※2020年4月時点の情報で、状況によって実施内容が変更される場合があります。