細胞呼吸 細胞内のミトコンドリアにより炭水化物を酸化し、最終産物として二酸化炭素 (CO2) と水を排出する。糖類はこれらの代謝系によって二酸化炭素 (CO2) および水に分解され、その過程でATPが生産される。
[呼吸器 Respiratory system] [Gas Exchange]
気体輸送 空気分子の拡散 Diffusion 小型生物 15cm 石炭紀の巨大昆虫

植物 葉などの気孔 樹皮の皮目

節足動物 ヘモシアニン [昆虫生理学]
気門→気管→毛細気管

[ホールデンの原理]
エッセーOn Being the Right Size,1928年
体の小さい昆虫は空気が体内に拡散するだけで呼吸できるが、体の大きい動物は心臓や赤血球が必要になる。

流体輸送 気体を液体に交換 Gas exchange 


鰓呼吸 Gill  皮膚の表面積を増大
脊椎動物 魚類 水棲甲殻類
ヘモグロビン 赤色
浮き袋 鰾 Swim bladder


皮膚呼吸 cutaneous respiration
無脊椎動物 軟体動物 小型水棲生物
ヘモシアニン 青色
羊膜 amnion
肺呼吸 Breathing 胸郭運動 爬虫類 大気と大地へ 生物の上陸

ほ乳類の血液循環 心臓
体の大きさと肺容量の比率
体重と相対血液量の比率
血液のヘモグロビン濃度
赤血球の大きさ
体と心臓の寸法比率
連続呼吸で天国へ

表面放熱
ベルクマンの法則:寒い地域では大形
逆ベルクマンの法則
アレンの法則:寒い地域では球形

活動最適温 体温維持
マグロの“ヤケ肉”
恒温動物 homeotherm
変温動物 poikilothermal animal