卒業制作優秀作品集2019
生産デザイン学科プロダクトデザイン専攻

Wenyi Xiang 向 文怡

THE TENDERNESS OF WOOL

技法・素材:ウール、糸、ソーイング
作品形態:素材研究

動画を再生する

「connecting wool」のプロジェクトをきっかけに、ノルウエーでのフェルトトリップを通して、ワイルドウールの素材研究をした。この自然素材でいかに繊細な表現をするかを追求し、自然の不規則な美しさと優しさを利用して、生活をより豊かにしたいと考えた。
普段の生活の中でのウールの扱い方から離れ、フェルト化をせず、ウールの絡み合う特徴を利用しながらジグザグした縫製を素のウールに与えた。薄くて半透明のウールと糸によって絞られたウールの強弱の対比が新たな表情を生んだ。自然素材の密度、テクスチャー、色味などの表情を残しつつ、僅かに人の手を加えることで、低密度のウールの繊細感や透明感を生かした新たなマテリアルを制作した。さらに、平面そのままから成型でき、縫い方によって色々な立体物にすることもできる。そこから、ウールとソーイングの新しい可能性をインテリアやファッションに応用することが可能である。

担当教員によるコメント

Wenyi Xiangさんの提案は、「柔らかさと軽さ」というWOOL素材独特の特性を上手く活かした作品だと思う。いわゆる道具のような機能性の範疇にある提案ではないが、このWOOLの作品があることにより、周りの人たちに、温もり感、優しい感じを与え、その場の時間の流れをゆっくりさせる、そうした効果をつくり出す不思議さがある。WOOLの原毛のような柔らかな素材を用いてフォルムをまとめるのは難しいが、Wenyi Xiangさんは、WOOLを糸(ミシン)で縫うことによって、形状をコントロールするというアイデアを、手を動かして実際につくりながら見出している。その縫う技法を用いてつくられた作品はオリジナリティの高いものであり、Wenyi Xiangさんの感覚の良さをうかがい知ることができる。

教授・濱田 芳治

  • prev
  • next
  • 大平 夢
  • 中村 有希
  • 村田 圭互
  • 和田 倫奈
  • 覚野 翔大
  • 中武 薫平
  • 中野嵩大
  • 会田 侑香里
  • 土田 恭平
  • コウ ブンイ
  • 西村 海里
  • 越出つばさ

学科TOPへ