多摩美術大学
演劇舞踊デザイン学科

演劇舞踊デザイン学科には、「演劇舞踊コース」と「劇場美術デザインコース」の2つのコースがあります。各コースが専門性を高め、交差し合いながら上演芸術を学びます。美意識ある俳優、ダンサー、演出家、振付家、劇作家、舞台美術家、製作者等を将来像とし、プロとして活躍する教員が、現場性を持って、これからの上演芸術を担うプロフェッショナルな人材を育成します。

コース説明

演劇舞踊コースについて    

俳優、ダンサー、演出家、振付家、劇作家などいずれの道に進むにも、身体表現についての実践や思索を深化させ続けていくことが、創造に携わる人間としての礎となります。導入教育では「演劇」「舞踊」両面から個々の身体の特性を知覚することを、基礎教育では「演劇」と「舞踊」を横断的に学ぶことを通じて、身体にまつわる基礎的な表現のスキルを習得。美大ならではの造形演習も、身体表現に必要な発想力を高めます。3年次以降は、学生の志望に沿い「演劇」「舞踊」「劇作」「演出」等の専門性を追求。劇場美術デザインコースとのコラボレーションを通じて、表現力やコミュニケーション力を磨きます。上演芸術を担う多様なキャリアにつながる学びを支援します。

劇場美術デザインコースについて

専門的な演習や本格的な実習制作といった「体験」で学ぶことが、本コースの大きな特徴です。授業は、基礎的な造形力とスキルを徹底的に習得することから始まり、年次ごとに専門性を高めていきます。3年次以降は、演劇舞踊コースとコラボレーションする上演制作実習があり、共同作業を体験すると共に、実践力を養います。バックステージや、工房・スタジオなどの見学、観劇など学外授業も充実しています。上演実習が可能な専門スタジオを備え、3年次以降の各ゼミ室に、学生個々の研究デスクも完備しています。学習と実践の両輪を支援する体験型授業の積み重ねにより、多くの卒業生が専門的な学びを生かすことができる現場へと巣立っています。

ニュース

2023.01.20

『プラトニック・ボディ・スクラム』2月上演―糸井幸之介講師(作・演出・音楽・美術)のご案内

【公演名】
FUKAIPRODUCE 羽衣 第27回公演『プラトニック・ボディ・スクラム』

【日時 / 会期】
2023 年2月9日(木)~ 12日(日)

【会場】
本多劇場

【予約情報】
(全席指定):前売/当日
一般:5,000円、U-25(要証明):2,500円、中学生以下(要証明):1,000 円

演劇最強論-ing(手数料無料)
https://www.engekisaikyoron.net/?p=11039&preview=1&_ppp=9f5a3f92d4

ローソンチケット https://l-tike.com/pbs/
ローソン・ミニストップ店頭Loppi(L コード:36154)

チケットぴあ https://w.pia.jp/t/fukai/
セブン-イレブン店頭(マルチコピー機)(P コード:516‐486)


【関連リンク】
多摩美術大学
https://www.tamabi.ac.jp/index_j.htm
FUKAIPRODUCE 羽衣
https://www.fukaiproduce-hagoromo.com



パンフレットを見る パンフレットを見る

2023.01.05

2022年度 卒業制作 舞踊公演 開催

【公演名】
多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科
2022年度 卒業制作 舞踊公演

【本公演について】
私達は勅使川原三郎先生の下、呼吸によって動く身体や音楽との関わり方を学んできました。本公演では、演劇舞踊コース舞踊ゼミ4年の4人が、約15分間のソロ作品を発表します。この作品を終えた私達のこれからは不確かですが、舞踊ゼミでたくさん悩んで、言葉にし、実感し、そこから得たものだけは確かです。最終地点では無く、これからへの出発となるよう作品に挑みます。

【日時】
2023年
1月19日(木) 15:00
1月20日(金) 15:00
※無料公演ですが、ご観劇には事前予約が必要です。
※上演時間は60分を予定しております。

【会場】
多摩美術大学上野毛キャンパス 3号館103

【事前予約情報】
下記リンクよりご予約いただけます。
https://forms.gle/3oBmvaxJkf6M8oXD9

【お問い合わせ】
舞踊ゼミ 第6期生 卒業制作 制作部
Mail:sdd.buyou6@gmail.com



2023.01.05

2022年度 上演制作実習Ⅰ 舞踊公演 開催

【公演名】
多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科
2022年度 上演制作実習Ⅰ 舞踊公演

【本公演について】
私たちはこの一年間、身体を動かし、自分自身が身体で感じたことについて考え、言葉にしてきました。自分の身体は不確かなままですが、続ける中で一度でも新鮮な感覚を味わえると嬉しくなり、もっと発見したいと思えます。本公演は、3年舞踊ゼミ6人がこれまで学んできたものを発表します。まだまだ私たちは試行錯誤の段階ですが、卒業制作に向けての第一歩にします。

【日時】
2023年
1月22日(日) 12:00 / 15:30
※無料公演ですが、ご観劇には事前予約が必要です。
※上演時間は60分を予定しております。

【会場】
多摩美術大学上野毛キャンパス 3号館103

【事前予約情報】
下記リンクよりご予約いただけます。
https://forms.gle/Z9ZPxPtjKRRXQ4no9

【お問い合わせ】
舞踊ゼミ 第7期生 上演制作実習Ⅰ 制作部
Mail:dancezemi7@gmail.com



2022.12.27

劇場美術デザインコース映像美術ゼミ3年生 上映制作実習学内展 開催

【公演名】
劇場美術デザインコース 映像美術ゼミ7期
後期上映実習 『ひみつのアッコちゃん』学内展

【あらすじ / 公演について】
大切なコンパクトを壊されて落ち込んでいた少女、アッコちゃん。そこへ突然、鏡の国の鏡の精が現れた。 「…このことは絶対に秘密だからね。」渡されたのは、覗いて呪文を唱えると何にでも変身できる“魔法のコンパクト”。 思い切って呪文を叫んだアッコちゃんは、夢の世界へ飛び込んで…

【会期日時 /上映スケジュール】

2023年
1月6日(金)  12:00開場(17:00閉場)
12:30 / 13:30 / 14:30 / 15:30 / 16:30

1月7日(土)  11:00開場(17:00閉場)
11:30 / 12:30 / ★13:30 / 15:30 / 16:30

1月8日(日)  11:00開場(16:00閉場)
11:30 / 12:30 / 13:30 / 14:30 / 15:30

★…アフタートーク+講評会

【会場】
多摩美術大学 上野毛キャンパス
(〒158-8558 東京都世田谷区上野毛3-15-34)
3号館 メディアセンター 映像スタジオ(3-109)


【予約情報】
予約不要

【お問い合わせ】
mail: sddeizo2022@gmail.com
instagram: @gekibieizo_7th



2022.12.23

東京芸術道場第二回公演『わが町』公演 ― 講師 柴幸男先生(構成・演出・翻訳)

【公演名】
東京演劇道場 第二回公演 『わが町』

【日時 / 会期】
2023年1月25日(水)~ 2月8日(水)


【会場】
東京芸術劇場シアターイースト


【予約情報】

<前売り>
一般 5,000円
65歳以上 4,500円
25歳以下 3,000円
高校生以下 1,000円

<当 日>
一般 5,000円のみ

チケット一般発売:
2022年12月17日(土)10:00~
*チケット購入詳細はこちらから
https://www.geigeki.jp/ti/


【関連リンク】
多摩美術大学:
https://www.tamabi.ac.jp/index_j.htm
東京芸術劇場:
https://www.geigeki.jp/performance/theater316/
劇団ままごとHP:
https://mamagoto.org/



2022.12.19

訃報

訃報

闘病中であった高都先生が11月3日に永眠されました。
ここに謹んでお知らせいたします。
お別れの会につきましては、別紙をご参照くださいませ。


[ 高都幸男さんお別れの会 ご案内 ] を参照する

2022.11.25

卒業制作演劇公演『メビウスの輪〜縁の交わり〜』開催

【公演名】
2022年度 多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科 卒業制作演劇公演
『メビウスの輪〜縁の交わり〜』

【公演について】
全人類に平等に与えられている"時間"を、何に費やすかは個人の自由である。私たち演劇舞踊デザイン学科6期生の学生たちは、大学4年間の時間を舞台芸術に費やしてきた。  人は自分の生きやすいように生き、心地よい環境を作ろうとする。自分が見たいものを見、聞きたいことを聞く。しかし、果たしてそれでいいのだろうか。過ごしてきた時間は一人一人異なるため、人の数だけの正義があり、それだけ偏見も生まれる。全員が幸せな空間を作ることは難しいことなのかもしれない。それでも相手を慮って想像することは、芸術に触れている私たちにとって重要なことの一つではなかろうか。  さて、今回の卒業制作のタイトルである『メビウスの輪』。これは、細長い帯を 1 回ねじって両端をはり合わせたときに、表裏の区別ができない連続面となる図形である。表側がいつのまにか裏側になっている不思議さを示している。正反対のものは相容れないものではなく、実際には共存しているものだ。子供と大人、男と女、過去と未来、生と死。未来に向かって生きるために私たちには過去を振り返り、先人たちが作った歴史を学ぶ意義がある。その終わりがなく正解のない作業を経て、今の私たちが表現できるものを残したい。


『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』
作:オノマ リコ 脚色・演出:蔭山 あんな

ここからはじまり、ここからおわり、ここから続いていく。 ここはみんなが集う場所。彼女たちの痛みも揺らぎもやさしさも。 とある大学の、とある学生たちの、とある時間が詰まっている。そんな場所。 私はこの旧体育館が好きでした。 春でも冬でもやわらかな光が射して、この光に大事に包まれているように思えるから。 きっとみんなも、この場所が好きなんだと思う。 やがて解体されゆくこの場所に私は何ができるだろうか。彼女は何を思うだろうか。


『エッグ』
原作:野田 秀樹 脚色・演出:旦 妃奈乃

古びた原稿用紙に書かれていたのは、 "エッグ"というスポーツで東京オリンピックを目指すアスリートたちの物語。 忘れられていた物語を今、読み解いてみる。 そんな今もいつかは過去になり、過去はいつか忘れられる。 でも私たちは、 白い殻が何を包み隠そうとも、 これまで過去になったこともこれから過去になることも、 忘れたくない。


【監修コメント 柴 幸男】
彼らの集団運営、創作の姿を見ていると、新しい時代が来ているのだと強く感じます。これまでのような権力構造からはなれて演劇はつくれる、と彼らは証明しようとしています。『メビウスの輪~縁の交わり~』と名付けられた本企画は2作品の同時上演という多摩美の演劇公演でも見たことのないものになりました。どちらも過去への対峙、忘却への抵抗、そして未来への創造を扱っていることは注目に値すると思います。上演が終わったときどのような景色が見えるのか。今から楽しみです。

【キャスト】

『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』
※○は12/25(日)、◉は12/26(月)の配役となります。
息吹  上瀬 もも
敬虔  ○小山田 匠 ◉仁科 穂乃花
奔放  ○原 裕穂  ◉望月 さあや
哲学  ○大森 菜生 ◉田坂 歩
癇癪  ○佐藤 桃彩 ◉内川 大輝
沈黙  ○石田 陸  ◉荒木 香乃
平穏  ○片寄 梨亜 ◉黒木 真衣
飴玉  ○JIANG Xiaoqian(姜 暁騫)
    ◉佐々木 夢
〇〇  ○中嶋 千歩 ◉川口 時生


『エッグ』
阿倍比羅夫  椎名 陸斗
       太田 華子
苺イチエ   井澤 佳奈
       島田 和哉
芸術監督   下田 あい
粒来幸吉   奥山 樹生
       青木 樹
オーナー   鈴木 彩愛
平川     虫鹿 優也
       平岡 美理
振付師    佐藤 里帆
消田監督   越石 裕貴
○田フミヨ  田中 伶奈
女学生    済木 心媛
       福嶋 まりあ
       本田 実子
       水落 燈李


【スタッフ】

『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』
脚色・演出:  蔭山 あんな
演出助手 :  田坂 歩 仁科 穂乃花
衣裳プランナー:○小宅 瑞樹 ◉渡邉 佳菜
照明プランナー:WANG Yanni(王 晏霓)
稽古場補佐:  大橋 咲来 原島 美怜


『エッグ』
脚色・演出:  旦 妃奈乃
演出助手 :  水落 燈李
衣裳プランナー:馬込 凜
照明プランナー:LI Zheng(李 政)


舞台美術プランナー:金子 梓美
舞台美術:青木 美久 / 尾﨑 千歳 / 金子 梓美 /
重留 野々花 / 鈴木 塔子 / CHI Yizhou(迟 亦周)
/ 永井 茜 / 難波 仁美 / 蓮沼 有彩 / 八木 瞬羽
衣裳:LEE Jiwon / 小宅 瑞樹 / 島田 真美 /
野﨑 郁稀 / 馬込 凜 / 渡邉 佳菜
照明:WANG Yanni(王 晏霓) / 片岡 菜々美 /
後藤 円佳 / 佐野 杏奈 / LI Zheng(李 政)
舞台監督:蓮沼 有彩 / 八木 瞬羽
音響:鈴木 はじめ*(妖精大図鑑)
/ 若林 なつみ* 
*外部協力


プロジェクトリーダー:佐々木 瑠海
制作:LEE Jiwon / 木島 史人 / 佐々木 夢 /
重留 野々花 / 野﨑 郁稀 / 平岡 美理
宣伝美術:日俣 千樹(統合デザイン学科 3年)
リード文:太田 華子
広報写真:中嶋 千歩

監修:柴 幸男


【アドヴァイザー】
上演:大石 将弘 / 岸井 大輔 / 野上 絹代
舞台美術:金井 勇一郎
大道具製作:阿部 宗徳 / 岡田 透
衣裳:加納 豊美 / 石橋 舞 / 三浦 洋子
照明:成瀬 一裕 / 藤巻 聰 /
大平 智己 / 鈴木 聖人
宣伝美術:則武 弥
舞台監督:佐藤 恵
制作:加納 豊美 / 坂本 もも
授業担当副手:青木 哲


企画制作:多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科6期生
主催:多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科


【日時】
2022年12月25日(日)18:30
      26日(月)13:00
上演時間:約150分(70分2本立て・途中休憩10分含む)
受付開始・開場:開演30分前


【会場】
東京芸術劇場 シアターイースト
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1
Tel.03-5391-2111(代)
アクセス:
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線
池袋駅西口より2分。駅地下通路2B出口と直結。


【予約情報】
●料金
一般:¥4,000
U25:¥3,500
高校生以下:¥1,000


●チケット取り扱い
<一般・U25|事前入金・事前発券>
・ローソンチケット
Lコード:36043
ローソン・ミニストップ店内Loppi
http://l-tike.com/mobius/

<高校生以下|当日精算>
・CoRich
https://ticket.corich.jp/apply/196973/

・入場整理番号付き自由席
・整理番号はご予約順に割り振られます。
・前売りチケットは、クレジット決済またはコンビニ入金、事前発券が必要です。
・ご予約の変更、チケットの再発行はできません。
・開演時間を過ぎますとお席にご案内できない場合がございます。
・未就学児はご入場いただくことができません。
・車椅子でご来場のお客様はご案内ルート確保のため事前にお問合せください。
・公演中止の場合のみ払い戻しを行います。あらかじめご了承ください。
​​・託児サービスあり(1週間前までに要予約)
https://www.geigeki.jp/access/support.html


【感染症対策について】
新型コロナウイルス感染拡大の防止策、感染リスクの低減策を実施いたします。
ご来場の前に必ず東京芸術劇場WEBサイトをご確認ください。
東京芸術劇場
https://www.geigeki.jp/info/covid19_notice/


【SNS】
Instagram: https://www.instagram.com/mobiusbytau/
Twitter: https://twitter.com/mobiusbytau


【お問い合わせ】
メビウスの輪〜縁の交わり〜 制作部
Mail : tamabi.sdd6th@gmail.com


[ 『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』フライヤーを見る ]

[ 『エッグ』フライヤーを見る ]

詳細を見る


詳細を見る


2022.11.23

3年次上演制作実習I 演劇公演『多摩美能楽集IV 私たちなりのそろりそろり、朝と夜の大爆発キッス』開催

【公演名】
2022年度 多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科3年次上演制作実習I 演劇公演
『多摩美能楽集IV 私たちなりのそろりそろり、朝と夜の大爆発キッス』

【公演について】
江戸時代に能は、朝から夜までかけて五つの物語が「翁付五番立」という上演形態で上演されていました。『多摩美能楽集』はこの上演形態を元にし、学生翻案による五演目で構成されています。今年はジャングルから始まり、神社、コンビニ、新宿、隅田川、はては黄泉へと舞台が次々と変化します。歌って踊って喋り尽くす。大爆発キッスをご覧ください。

【日時】
2022年
12月9日(金)  14:30
12月10日(土) 14:30 / 18:00
※上演時間 約90分
※受付・開場時間 開演20分前


【会場】
多摩美術大学 上野毛キャンパス 演劇舞踊スタジオB

【上演作品】
〈翁〉振付:西川真央 八木羽衣

〈初番目〉『善財童子の里帰り』
原案:『竹生島』 脚本/演出:田邊杏里

〈二番目〉『ぽつんとコンビニバイオレンス』
原案:『清経』 脚本/演出:松井絵里

〈三番目〉『杜若ココナッツ』
原案:『杜若』 脚本/演出:今井桃子

〈四番目〉『隅田川』
原案:『隅田川』 脚本/演出:西﨑達磨

〈五番目〉『ヌエヌエランド』
原案:『鵺』 脚本/演出:徐永行

〈狂言〉脚本:泉虎太朗 狩野瑞樹


【キャスト】
浅川総一郎 泉虎太朗 伊田優月 板倉嵩介
今井桃子 大木友奈 奥村梨央 小畑璃門
柿沼美保 狩野瑞樹 神澤留菜 久保田琉奈
栗田裕賀 黒澤陽 坂入美早 佐藤理奈
柴生田七海 徐永行 白鳥七大 白鳥真生
鈴木一 高柳咲葵 田邊杏里 長江湖春
成瀬双葉 新沼希未 西川真央 西川真黄
西﨑達磨 平野百音 廣野竣祐 藤井哉大
松井絵里 松田萌 三浦春乃 村木桃子
八木羽衣 柳井萌花 リアンキ 若菜咲穂

【スタッフ】
〈舞台美術〉チンスイ
〈舞台監督〉松林京子
〈大道具〉石川芽生 大瀧哲 コウガテイ
 新村明佳 ショウコウテン 中村加奈
 伏見和音 古林夏清 宮川俊正 横井真帆
〈小道具〉神田夕莉 神戸絵夢
〈照明〉阿部柚葉 後藤円佳(照明ゼミ4年)
〈照明協力〉照明ゼミ4年
〈衣裳〉春日井詩乃 河内沙綺乃 島﨑光凛
 平林也依 本郷真衣 水谷紗耶
〈音響〉鈴木はじめ(妖精大図鑑)
〈宣伝美術〉久永ひな
(統合デザイン学科3年)
〈制作〉柴生田七海 徐永行 白鳥七大
 鈴木一 長江湖春 成瀬双葉 若菜咲穂

〈美術指導〉金井勇一郎 小池れい
〈舞台監督指導〉佐藤恵
〈大道具製作指導〉阿部宗徳 大塚義紀
 杉山貴博
〈照明指導〉成瀬一裕 藤巻聰 安永瞬
〈衣裳指導〉加納豊美 三浦洋子 石橋舞
〈俳優指導〉深井順子
〈振付指導〉木皮成
〈宣伝美術指導〉則武弥
〈制作指導〉加納豊美 坂本もも
〈授業担当副手〉松田真季
〈監修〉糸井幸之介
〈主催〉多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科


【ご予約方法】
下記予約フォームからお申し込みください。
URL:https://www.quartet-online.net/ticket/tamabingks?o=c00003e
ご予約受付期間:11月25日(金)12:00〜

【感染症対策のご案内】
本公演はお客様・出演者・スタッフの新型コロナウイルスへの感染防止対策を徹底し開催いたします。
※手指消毒 / 検温にご協力ください。
※37℃以上の発熱がある場合はご入場いただけません。

【お問い合わせ】
〈MAIL〉tamabi.nougakushu4@gmail.com
〈Twitter〉@tamabi_nougaku4
〈Instagram〉@TAU_NOUGAKU4


詳細を見る

2022.10.28

タマリバーズ2022の取材記事が公開

タマリバーズ2022 無事完走。取材記事が公開されました。

記事サイトへ↓↓↓
広場演劇とアートで創る共生社会への懸け橋多摩美術大学が取り組む色鮮やかな地域連携 | ステラnet (steranet.jp)

2022.09.09

2022年度 演劇舞踊デザイン学科 デジタルパンフレット公開

2022年度 演劇舞踊デザイン学科 デジタルパンフレット公開が下記からご覧いただけます。


[ 2022年度 演劇舞踊デザイン学科 デジタルパンフレット ] を見る

パンフレットを見る

2022.05.10

劇場美術デザインコース 実技入試(鉛筆デッサン)変更のお知らせ


劇場美術デザインコース 受験生の皆さんへ

2023年度から、一般選抜、総合型選抜、外国人留学生選抜、帰国生選抜、3年次編入学選抜の実技試験 鉛筆デッサンの試験が変更となります。
複数の「静物モチーフ」を与えて、想定デッサンを行う出題から、
「手」を表現する想定デッサンに変更となります。
出題内容は、「手とモチーフ」を描く場合と、
「手」のみの情景を描く場合があります。
詳しくは、今後お伝えいたします。しばらくお待ちください。

2022.03.01

演劇舞踊デザイン学科 非常勤嘱託職員公募のお知らせ

演劇舞踊デザイン学科ではこの度、非常勤嘱託職員を公募いたします。
詳細につきましては募集要項をご確認ください。

【応募締切と提出書類】
締切:2022年3月7日(月)18:00
書類:履歴書 PCスキル ( 使用可能なソフトなど)を明記 
提出方法:メール送信 sdd@tamabi.ac.jp
件名に「非常勤嘱託職員応募」と記載してください。

【選考方法】
①書類選考
※合否を3月8日(火)にメールで通知します。
②面接
(書類選考通過者のみ) 3月10日(木)17:00~ @上野毛キャンパス

[ 募集要項 ]を見る

詳細を見る

2022.1.13

卒業制作演劇公演『一億マイルの彼方から』開催

【公演名】
多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科 2021年度 卒業制作 演劇公演
『一億マイルの彼方から』
(英語タイトル『Close yet Far』)


【あらすじ】
ブザーがなる。働く。話す。食べる。ブザーがなる。200年もの間、人々はそれだけを繰り返していた。陽の届かない地下空間で。そこに‘監督’と名乗る女が現れる。彼女が覗くレンズの向こうには、1人の男が映る。かつて地上で、人類を敵に回したとされた男。自分の言葉を持たない民衆に囲まれ、法廷に立たされた天文学者だ。レンズに映る、過去/現在。2つの世界が交わるとき、彼の言葉は一体誰に届くのか。


【公演日時(全4ステージ)】
2022年1月15日(土) 18:00
1月16日(日) 13:00★/18:00★
1月17日(月) 13:00
※公演時間は90分を予定しています。
※受付開始・開場は各回公演の30分前です。
★1月16日(日)昼夜公演ともに客席内に収録用カメラが入る予定です。予めご了承ください。

【会場】
東京芸術劇場 シアターウエスト
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。駅地下通路2b出口と直結。
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1

【チケット料金】
前売・当日 同一料金、全席指定
◎一般(26〜64歳) ¥2,500
◎U25(18〜25歳) ¥1,500
◎シニア(65歳以上) ¥1,500
◎高校生以下 ¥1,000
※未就学児はご入場いただくことが出来ません。
※車椅子でご来場のお客様はご案内ルート確保のため事前にお問い合わせください。
※「荷物預かり・クローク」並びに「託児室でのお子様お預かり」のサービスは実施いたしません。

【チケット取り扱い】
販売開始:2021年12月4日(土)10:00
※クレジット決済もしくはコンビニ店頭での事前支払い、発券が必要です。
◯ローソンチケット(Lコード:35875)
https://l-tike.com/itiokumairu/
ローソン・ミニストップ店内Loppi
◯演劇最強論-ing(登録料・各種手数料不要)
https://www.engekisaikyoron.net/

【オンデマンド配信】
期間:2022年2月5日(土)〜2022年2月28日(月)
料金:¥1,000
媒体:ローチケ LIVE STREAMING
チケット販売開始:2022年1月11日(火)
最新情報は公式ウェブサイト(http://itiokumairu-tamabi.com
でご案内します。

【お問い合わせ】
Mail:tamabi.sdd5th@gmail.com
ウェブサイト:http://itiokumairu-tamabi.com
Twitter: @sdd_5th

詳細を見る

2022.1.13

劇場美術デザインコース 映像美術ゼミ5期生 卒業制作展 開催

映像における美術設計を主とした卒業制作を展示いたします。
映像作品から模型展示まで、個性あふれる映像美術ゼミ生の大学生活の集大成をぜひご覧ください。

【会期】
2022年2月2日(水)ー2月6日(日)
10:00-18:00(初日は13:00-,最終日は15:00まで)
入場無料 事前予約不要

【会場】
FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3丁目33-2
横浜駅西口、ダイヤモンド地下街南12番出口より徒歩3分、鶴屋町3丁目交差点角

【公式instagramも更新中】
Instagram: tau_gkb_eizo5

詳細を見る

2022.1.13

2021年度 上演制作実習Ⅰ 舞踊公演 開催

【公演名】
多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科
2021年度 上演制作実習Ⅰ 舞踊公演

【日時】
2022年1月18日(火) 16:00
2022年1月19日(水) 12:00 / 16:00
※本公演は招待制でのご予約とさせていただきます。
※上演時間は60分を予定しております。

【会場】
多摩美術大学上野毛キャンパス 3号館103

【お問い合わせ】
Mail:sdd.buyou6@gmail.com(舞踊ゼミ3年制作部)

2022.1.13

2021年度 卒業制作 舞踊公演 開催

【公演名】
多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科
2021年度 卒業制作 舞踊公演

【本公演について】
本公演は演劇舞踊コース舞踊ゼミ4年の学生が、各自創作したソロ作品を上演します。1年生から積み重ね、探求してきた呼吸と身体の関係に加え、空間や音楽と身体を接近させることで得られる実感を作品とする試みです。今回の発表は、これから先へ続く更なる追及の道へ踏み出す、歩みの始まりなのです。

【日時】
2022年
1月22日(土) 12:00 / 16:00
1月23日(日) 12:00 / 16:00
※本公演は招待制でのご予約とさせていただきます。
※上演時間は70分を予定しております。

【会場】
多摩美術大学上野毛キャンパス 3号館103

【お問い合わせ】
Mail:tamabi.dance421@gmail.com(舞踊ゼミ4年制作部)

2021.12.06

上演制作実習Ⅰ 演劇公演『多摩美草紙』 開催

【公演名】
2021年度 多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科3年次 上演制作実習Ⅰ 演劇公演
『 多摩美草紙 』

【多摩美草紙とは】
太宰小説の自由すぎる解釈 4つの短編小説が6つの短編演劇に

今年度は、太宰治『お伽草紙』を原案に、学生主導によって翻案 演出された短編劇集を6作品上演いたします。『お伽草紙』は第二次世界大戦中、罹災や疎開を繰り返しながら太宰によって書き上げられ、1945年10月に出版されました。その状況は、パンデミックの混乱が収まらない現在での演劇創作と呼応します。 2021年の今を懸命に生きる学生たちを、是非ご堪能ください。

【日時】
2021年12月20日(月) 12:30[Aプロ]16:30[Bプロ]
2021年12月21日(火) 12:30[Bプロ]16:30[Aプロ] 
                    全4回公演

※無料公演ですが、ご観劇には事前予約が必要です。
※上演時間は120分を予定しております。
※各日16:30開演回はライブ配信を行います。

【会場】
多摩美術大学上野毛キャンパス 演劇舞踊スタジオB
(東急大井町線上野毛駅から徒歩5分)
住所:〒158-8558 東京都世田谷区上野毛3-15-34

【事前予約情報】
下記リンクよりご予約いただけます。
https://ticket.corich.jp/apply/115833/

【ライブ配信情報】
下記リンクよりご覧ください。
12月20日(月) 16:30公演
https://youtu.be/yQ1bYtegfNU

12月21日(火) 16:30公演
https://youtu.be/B4VYLoFsTMM

※アーカイブ配信も行います。詳細はSNSを参照ください。

【お問い合わせ】
Mail:tamabizoushi@gmail.com
Twitter: @tamabizoushi
Instagram:tamabizoushi

詳細を見る

2021.11.21

演劇舞踊デザイン学科 副手公募のお知らせ

演劇舞踊デザイン学科ではこの度副手を公募いたします。
詳細につきましては募集要項ををご確認ください。

【応募締切と提出書類】
2021年12月13日(月)必着で郵送又はメールにて履歴書を送付してください。
履歴書には、PCスキル、連絡先のメールアドレスを必ず記載してください。

【提出先】
〒158-8558
東京都世田谷区上野毛3-15-34
多摩美術大学美術学部演劇舞踊デザイン学科研究室
sdd@tamabi.ac.jp

※郵送の場合、封筒に「副手応募」と朱書きすること。
※メールの場合、件名に「副手応募」と記載すること。

[ 募集要項 ]を見る

詳細を見る

2021.09.13

2021年度 演劇舞踊デザイン学科 デジタルパンフレット公開

2021年度 演劇舞踊デザイン学科 デジタルパンフレット公開が下記からご覧いただけます。


[ 2021年度 演劇舞踊デザイン学科 デジタルパンフレット ] を見る

パンフレットを見る

2021.09.06

演劇系大学共同制作2021 多摩美企画『あたらしい憲法のはなし3』間も無く開幕!

演劇系大学共同制作『あたらしい憲法のはなし3』が間も無く開幕!
詳細はサイトをご覧くださいませ。

【公演日】
2021年 9月 10日(金)・11日(土)・12日(日)

【会場】
東京芸術劇場 シアターイースト

【詳細サイト】
https://newcon2021.wixsite.com/mysite



パンフレットを見る

2021.07.23

劇場美術演習Ⅰ インタークラス上演実習『夕鶴』配信のご案内

【公演名】
多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科 劇場美術デザインコース3年
2021年年度 劇場美術演習Ⅰインタークラス上演実習『夕鶴』

【アーカイブ配信情報】
下記リンクよりご覧ください。
7月21日(水) 12:00 〜 7月27日(火)23:59
https://youtu.be/9GF_vfQkg9c

【公演アンケート】
今後の上演実習の参考とさせていただきます。
ご協力をお願いいたします。
https://forms.gle/NaJzeoVSvJqnGiwc9
 
【お問い合わせ】
Mail:sdd@tamabi.ac.jp


パンフレットを見る パンフレットを見る

2021.07.10

2021年度 上演制作実習・卒業制作 スケジュールについて

上演制作実習・卒業制作で生まれる作品群は一般にも公開されます。
上演、上映、展示を是非ご覧下さい。
公開情報の詳細は順次、下記WEBページにて発表いたします。
http://tamabi.ac.jp/sdd/stage2021/

《 上演制作実習 》
【演劇公演】
日程:2021年12月19日(日) - 20日 (月)
会場:多摩美術大学上野毛キャンパス 演劇舞踊スタジオB

【舞踊公演】
日程:2021年11月13日(土) - 14日(日)
会場:多摩美術大学上野毛キャンパス 3号館 103

【映像作品上映】
日程:2022年1月8日(土) - 9日(日)
会場:多摩美術大学上野毛キャンパス 3号館映像スタジオ


《 卒業制作 》
【演劇公演】
日程:2022年1月15日(土) - 17日(月)
会場:東京芸術劇場 シアターウエスト

【舞踊公演】
日程:2022年1月22日(土) - 23日(日)
会場:多摩美術大学上野毛キャンパス 3号館103

【映像美術作品展】
日程:2022年1月21日(金) - 23日(日)
会場:多摩美術大学上野毛キャンパス 3号館 103


2021.5.20

卒業制作 演劇公演2020 ダイジェスト動画 公開


昨年度、2020年12月25~27日に東京芸術劇場シアターウエストにて上演した卒業制作 演劇公演『□□□・ミーツ・□□□』のダイジェスト動画が公開されました。
下記のリンクよりご覧いただけます。

【ダイジェスト動画】
https://youtu.be/qlTElKm5Iqk


2021.4.11

「新進演劇人育成事業・演劇系大学と演劇界を繋いだ新進演劇人による柴幸男作品企画上演・関連ワークショップ、シンポジウム」実施について

文化庁委託事業 令和3年度 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業に、多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科の起案企画が採択されました。
「新進演劇人育成事業・演劇系大学と演劇界を繋いだ新進演劇人による柴幸男作品企画上演・関連ワークショップ、シンポジウム」を実施します。
演劇界で活躍中の新進演劇人の方の応募枠もございます。

共同制作公演『あたらしい憲法のはなし』(作:柴 幸男 演出:西 岳)にご関心いただければ幸いです。

https://endairen.blogspot.com/2021/03/2021.html?fbclid=IwAR0jiyp3lsgFjP8IkgID2mcK-yZU-Ycjlkg6TunYt3iklhI7kQXVIf-JNv8

詳細は、PDFファイルをご覧ください。
[ 詳細PDF ]

2021.1.21

卒業制作 演劇公演『□□□・ミーツ・□□□』こどもかんそう絵日記 掲載

小学生以下のお子様を対象とした『こどもかんそう絵日記』の作品を掲載いたします。

ご応募/ご参加いただきました皆様、素敵なかんそう絵日記をかいてくださり誠にありがとうございました。

『こどもかんそう絵日記』は下記よりご覧いただけます。


【絵日記のリンク】

パンフレットを見る

2021.1.21

卒業制作 演劇公演『□□□・ミーツ・□□□』後日開催企画《講評文》公開のお知らせ

卒業制作 演劇公演『□□□・ミーツ・□□□』《劇評》を公開しました。

土屋康範さん講評文
野上絹代さん講評文
大石将弘さん講評文


執筆者は以下3名です。

土屋 康範(つちや やすのり)
多摩美術大学 美術学部演劇舞踊デザイン学科教授。東京演劇大学連盟理事。日本演劇学会会員。研究テーマはドラマ論、近代劇論。

野上絹代(のがみきぬよ)
俳優・演出家・振付家。
劇団・快快(ファイファイ)に旗揚げより所属。以降、同団体の国内外における活動のほとんどに参加。ソロ活動では演劇/ダンス/映像/ファッションショーなど幅広く活動。近年の作品に梅田芸術劇場主催「MISHIMA2020」内『橋づくし』(原作:三島由紀夫、会場:日生劇場)の脚本・演出など。最新作は1月〜2月に絵本作家たなかしん原作のリーディングアクト『一富士茄子牛焦げルギー』(会場:サンケイホールブリーゼ/東京芸術劇場シアターイースト)に脚本として参加している。

大石将弘(おおいしまさひろ)
俳優。1982年、奈良県生まれ。劇団ままごと、ナイロン100℃に所属。ロロ、木ノ下歌舞伎、KUNIOなど様々なカンパニーの作品に出演。また、劇場外での演劇創作のプロジェクトにも多数参加。2015年、鑑賞者がスイッチを押すと始まる一瞬の演劇「スイッチ」を専門に上演する団体、スイッチ総研を設立。日本各地の芸術祭に招聘され、地域の俳優や市民と共にその場ならではの作品を創作・上演している。
2016年より多摩美術大学非常勤講師。2020年よりエイベックス・アーティストアカデミー講師。学校や劇場における演劇ワークショップの企画進行も継続的に行っている。

2021.1.21

卒業制作 演劇公演『□□□・ミーツ・□□□』後日開催企画《劇評》公開のお知らせ

卒業制作 演劇公演『□□□・ミーツ・□□□』《劇評》を公開しました。

内田洋一さん劇評文
林あまりさん劇評文
太宰久夫さん劇評文


執筆者は以下3名です。

内田 洋一(うちだ よういち)
1960年生まれ。1983年、早稲田大学政経学部卒後、日本経済新聞社入社。84年から文化部で演劇、音楽、美術などを担当、現在、編集委員。著書「日本の演劇人 野田秀樹」「風の演劇 評伝別役実」でAICT演劇評論賞受賞。日本経済新聞で劇評を執筆中。

林 あまり(はやし あまり)
歌人・演劇評論家。演劇舞踊デザイン学科非常勤講師。著書に歌集『ベッドサイド』ほか。演劇誌「テアトロ」隔月連載中。紀伊國屋演劇賞審査員。坂本冬美「夜桜お七」など、作詞も手がける。

太宰 久夫(だざい ひさお)
玉川大学芸術学部パフォーミング・アーツ学科 教授/演出家
東京演劇大学連盟 代表理事
(特非)アートインライフ 代表理事
(特非)子ども文化地域コーディネーター協会 専務理事
<演技・演出・表現教育・演劇教育・地域文化芸術振興>
全国各地での全ての年齢層の為の表現教育の理論と実践、指導者養成。芸術応用分野アウトリーチの理論と実践。地域文化芸術活動の推進やコーディネーターの養成、市民ミュージカル/町民劇/市制記念音楽劇等の企画・演出・教育監修は全国各地で担当。NHK-ETVの監修・演出・出演を含め、劇団演出多数。各種イベント・ファッションショー等の企画・構成・演出など。 アミューズメント・パーク、テーマパークそしてゲストサービスとしてのエンターテイナーの育成と演出及びコーディネート。 主著書 ポプラ社「じぶんたんけんたい全六巻」玉川大学出版部「演劇入門ブック~ビジュアルで見る演技法~」芸団協出版「芸能と教育(表現教育)」、エイデル出版「子どもたちの輝く時-ドラマスクールからミュージカルへ-表現教育の実践」、他多数。

2020.12.26

卒業制作 演劇公演『□□□・ミーツ・□□□』公演パンフレット掲載

本公演のパンフレットを広く公開いたします。
パンフレットは下記よりご覧いただけます。

[ 『□□□・ミーツ・□□□』公演パンフレット ] を見る

配信チケットは 1 月 24 日(日)までお求めいただけます。
販売ページ:https://l-tike.com/play/mevent/?mid=553597

パンフレットを見る

2020.12.13

卒業制作 演劇公演『□□□・ミーツ・□□□』こどもかんそう絵日記公募


公演をご観劇後、かんそう絵日記をかいていただけるお子様を広く募集いたします。
※かんそうを絵日記にしていただく企画ですが、文字を書くのが難しいお子様は絵のみでもご参加いただけます。お子様に代わって同伴者様に代筆していただくことも可能です。

【ご招待対象】
小学校1年生~6年生とその同伴者様(1名まで)
*公開リハーサルは保育園幼稚園生以下も可

【場所】
東京芸術劇場 シアターウエスト

【公演日時】

劇場公演
12/25(金)15:00公開リハーサル ※未就学児OK
12/26(土)13:00(1組2名様まで)
12/26(土)18:00(1組2名様まで)
12/27(日)13:00 ※アフタートークあり(1組2名まで) 

ライブ配信(アーカイブ付き)
12/26(土)18:00
※受付・開場:45 分前 上演時間:90 分(予定) アフタートーク:30 分(予定)

【参加方法】
《応募受付締め切り:12月21日(月)23:59まで》
①〈ご予約フォーム〉https://forms.gle/BSx1vMrzWmNV6f737にてお申し込み。
※メールでお申し込みの場合…下記メールアドレス宛に[氏名(お子様・同伴者様1名)・フリガナ・ご希望の回(第2希望まで)・合計枚数・お子様の年齢・性別・ご住所・連絡先(電話番号・メールアドレス)]をお送りください。
② 劇場公演or配信公演を観劇。
③ 絵日記用の紙を劇場で受け取るorメールで送られる絵日記用紙を印刷する。
④ 1月10日(日)23:59までに、かんそう絵日記を郵送またはメールで送る。
⑤ 送っていただいた絵日記を後日学科HPで公開。
[学科HP]https://www.tamabi.ac.jp/sdd/

*当日直接お越しいただいてもご招待席はご用意できません。参加は事前にご予約ください。
*定員に達した場合は先着順とし、観劇回の変更をご相談する場合がございます。
*参加をご検討いただいている保護者さま向けに、公演の配役表と台本をご用意しております。必要な場合には下記メールアドレスまでお申し付けください。

【お申し込み・お問い合わせ】
tamabi.sdd4th.seisakubu@gmail.com


拡大して見る

2020.12.13

卒業制作 演劇公演『□□□・ミーツ・□□□』後日開催企画《オンライントーク》のお知らせ

後日開催企画《オンライントーク》の情報を更新しました。
ゲストは劇団「ロロ」で主催/劇作家/演出家を務める【三浦直之】さんに決定。
私たちとの"ミーツ"はどのようなカタチになるのでしょうか。乞うご期待。

《オンライントーク》
■日程:2021年1月16日(土)公開
■ゲスト:劇団「ロロ」主催/劇作家/演出家 三浦直之さん
■媒体:YouTube
※チケット購入者様(劇場/ライブ)のみ視聴可能なURLを後日メールいたします。
チケットのご購入はこちら
(劇場)https://www.engekisaikyoron.net/tama-meets/
(ライブ配信)https://l-tike.com/play/mevent/?mid=553597

三浦直之
1987年生まれ、宮城県出身。
劇作家。演出家。
2009年、主宰としてロロを立ち上げ、全作品の脚本・演出を担当。古今東西のポップカルチャーを無数に引用しながらつくり出される世界は破天荒ながらもエモーショナルであり、演劇ファンのみならずジャンルを超えて老若男女から支持されている。
2019年、脚本を担当したNHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』で第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞脚本賞を受賞。
21年1月29日よりロロ初期の代表作『いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校』を東京・アトリエ春風舎で上演する。
また、脚本を担当した東日本大震災10年特集ドラマ『あなたのそばで明日が笑う』がNHK総合ほかで3月6日に放送予定。
http://loloweb.jp


2020.12.4

3年次 上演制作実習Ⅰ演劇公演『多摩美能楽集Ⅲ  ボクらのアイスプラネット』配信のご案内


【公演名】
多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科 2020年度 3年次 上演制作実習Ⅰ
『多摩美能楽集Ⅲ ボクらのアイスプラネット』

【日時】
2020年12月5日(土) 16:30
2020年12月6日(日) 16:30
※本公演は内部上演とさせていただきます。一般のお客様は配信にてご観劇ください。
※両日ライブ配信を行います。後日ご覧頂けるアーカイブ配信もございます。


【ライブ配信情報】
下記のリンクよりご覧下さい。

12月5日(土) 16:30公演
https://youtu.be/lufGZeIyH_g

12月6日(日) 16:30公演
https://youtu.be/A7m7qZ1ravY


【アーカイブ配信情報】
下記リンクよりご覧ください。
公開期間:12月13日(日)23:59 まで
※この映像は12月6日(日)16:30公演のものです。

https://youtu.be/A7m7qZ1ravY


【再生テスト確認】
映像と音声が正常に再生されるか、視聴する端末・ネット環境にてお試しください。
https://youtu.be/u3ke_qFjTDI


【演目紹介、ご挨拶】
ご来場のお客様に配布しております、各演目の詳細と監修の糸井幸之介よりご挨拶です。
[ 糸井幸之介よりご挨拶 ] を見る
[ 各演目の詳細 ] を見る


【公演アンケート】
アンケートのご協力をお願い致します。
[ アンケートご入力フォーム ]


【お問い合わせ】
Mail : tamabi.nohgaku3@gmail.com (公演制作部)
Twitter : @tamabinoh3
Instagram : tmb.nohgaku_3


パンフレットを見る

2020.12.1

卒業制作 舞踊公演『ス゜』 開催

【公演名】
多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科
2020年度卒業制作舞踊公演『ス゜』

【本公演について】
本公演は舞踊ゼミ4年生が創作するソロ作品のほか、全員が参加するグループパートによるものです。

【出演】
[Aプロ]
鮎川草
伊藤鳴海
長岡ありさ
森永海音

[Bプロ]
加藤可菜
地福海也乃
所花梨
中村恵

【日時】
2021年
1月23日(土) 12:00[Aプロ] / 16:00[Bプロ]
1月24日(日) 12:00[Bプロ] / 16:00[Aプロ]
※本公演は招待制でのご予約とさせていただきます。
※上演時間は1時間30分を予定しております。

【会場】
多摩美術大学上野毛キャンパス
演劇舞踊スタジオB

【お問い合わせ】
Mail:sdd4kisei@gmail.com (公演制作部)


2020.11.21

卒業制作 演劇公演『□□□・ミーツ・□□□』フライヤー公開・チケット発売開始

本日11/21(土)より、劇場観劇/ライブ配信のチケットを発売いたします。
みなさまぜひご覧ください。

【 劇場公演 】
■日程
2020 年
12 月 26 日(土)  ① 13:00  ② 18:00◎
12 月 27 日(日)  ③ 13:00★
★・・・アフタートーク有り
◎・・・ライブ配信あり
※上演時間: 90 分(予定)

■会場
東京芸術劇場シアターウエスト

■チケット
3,000 円(前売り・当日/全席指定)
高校生以下無料(枚数限定/全席指定)※2002年4月以降に生まれた方が対象です。
[ https://forms.gle/ipvVxaSKBxkfpyjF8 ] よりお申し込みください。

■お取り扱い
※クレジット決済もしくはコンビニ店頭で事前支払い、チケットの発券が必要です。
※本公演は、感染予防対策を鑑み、客席数を劇場の総キャパシティの50%に設定して販売いたします。
・ローソンチケット(Lコード:34985)
https://l-tike.com/meets2020/
・演劇最強論-ing(手数料無料・チケット代のみで購入可)
https://www.engekisaikyoron.net/


【 ライブ配信 (アーカイブつき) 】
■日程 2020/12/26[土] 18:00
※アーカイブ期間:2021/1/24[日]23:59まで
■チケット 2,000円
■お取り扱い
・ローチケ LIVE STREAMING
https://l-tike.com/livestreaming/


【 体験展示『□□□・ミーツ・□□□』】
「ナニカと出会うこと・新しく発見すること」をより強く体感してもらう体験型展示。子供から大人まで、世界や自分や相手を身近に感じることを目的に、自ら動いて日常をプレイする。

■日程
2020 年
12月26 日(土) 10:00-21:00(最終入場 20:30 )
12月27 日(日) 10:00-16:30(最終入場 16:15 )
■会場 東京芸術劇場アトリエウエスト
■入場料無料・予約不要


【 後日開催 】
《オンライントーク》
■日程:2021年1月上旬~1月中旬予定
■ゲスト:後日学科HP /Twitter にて発表
■媒体:YouTube
※チケット購入者様(劇場/ライブ)のみ視聴可能な URL を後日メールいたします。
《劇評公開》
■日程:2021年1月予定
■執筆ゲスト:後日学科 HP/Twitter にて公開
■媒体:web 上での公開を予定

公演についての最新情報は公演公式Twitter @sdd4thでご案内します。





【 お問い合わせ 】
Mail: tamabi.sdd4th.seisakubu@gmail.com
Twitter: @sdd4th


パンフレットを見る パンフレットを見る

2020.11.4

3年次 上演制作実習Ⅰ舞踊公演 開催

【公演名】
多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科 演劇舞踊コース
2020年度 上演制作実習I 舞踊公演


【本公演について】
演劇舞踊デザイン学科演劇舞踊コース舞踊ゼミでは、呼吸と動作の関係を探り、身体を通した実感を基にして各自の身体から発見し日々学んでいます。本公演は来年の卒業制作に向かうためのプロセスであり、創作のための思考を紡ぎだすように始まる地道な歩みの第一歩です。

【日時】
2020 年 11 月 27 日(金) 17:00
2020 年 11 月 28 日(土) 12:00 / 15:00
※本公演は招待制でのご予約とさせていただきます。
※上演時間は60分を予定しております。


【会場】
多摩美術大学上野毛キャンパス 3号館103


【お問い合わせ】
Mail:tamabi.dance320@gmail.com (公演制作部)


2020.11.1

卒業制作 演劇公演『□□□・ミーツ・□□□』開催

本作品『□□□・ミーツ・□□□』(呼称「ナニカ・ミーツ・ナニカ」)は、出会い別れ、また集い離れ、寄せては返し、一つになって続いてゆく群像劇。
ボーイとガールがミーツするだけじゃ密なこの世は描けない。


【脚本】
南雲沙希・堀野愛

【演出】
村上さくら

【出演・スタッフ】
演劇舞踊デザイン学科 第 4 期生

【監修】
柴幸男

【公演会場】
東京芸術劇場 シアターウエスト(B1F)

【劇場公演日時】
2020 年
12 月 26 日(土)  ① 13:00  ② 18:00◎
12 月 27 日(日)  ③ 13:00★
★・・・アフタートーク有り
◎・・・ライブ配信あり
※開場: 45 分前
※上演時間: 90 分(予定)
※アフタートーク: 30 分(予定)

【ライブ配信日時】
2020 年 12 月 26 日(土) 18:00~
※アーカイブ配信あり

【チケット】
劇場: 3,000 円(全席指定/前売り・当日)
高校生以下:無料(枚数限定)
※2002 年度以降に生まれた方が対象です。

ライブ配信(アーカイブつき): 2,000 円
発売日:11 月 21 日




【同時開催】
体験展示『□□□・ミーツ・□□□』開催

「ナニカと出会うこと・新しく発見すること」をより強く体感してもらう体験型展示。子供から大人まで、世界や自分や相手を身近に感じることを目的に、自ら動いて日常をプレイする。

【企画】
南雲沙希

【スタッフ】
演劇舞踊デザイン学科 第 4 期生

【会場】
東京芸術劇場アトリエウエスト(B1F)

【会期】
2020 年
12 月 26 日(土) 10:00-21:00(最終入場 20:30 )
12 月 27 日(日) 10:00-16:30(最終入場 16:15 )
入場料無料・予約不要


本事業は、新型コロナウイルス感染拡大の防止策、感染リスクの低減策を実施いたします。ご来場前に必ず東京芸術劇場ウェブサイトをご確認ください。
(https://www.geigeki.jp/info/covid19_notice/)
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。


公演についての最新情報は公演公式Twitter @sdd4thでご案内します。


【お問い合わせ】
Mail: tamabi.sdd4th.seisakubu@gmail.com
Twitter: @sdd4th





2020.10.18

3年次 上演制作実習Ⅰ演劇公演『多摩美能楽集Ⅲ  ボクらのアイスプラネット』開催

【公演名】
多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科 2020年度 3年次 上演制作実習Ⅰ
『多摩美能楽集Ⅲ ボクらのアイスプラネット』


【多摩美能楽集とは】
江戸時代には、朝から夜までかけて5つの物語が「翁付五番立」という上演形態で上演されていました。
『多摩美能楽集』は能の上演形態をベースに、能の要素を大胆に換骨奪胎した、学生翻案による5演目で構成されています。
集団創作により現代の物語として立ち上げました。


【日時】
2020年12月5日(土) 16:30
2020年12月6日(日) 16:30
※本公演は内部上演とさせていただきます。一般のお客様は配信にてご観劇ください。
※上演時間は90分を予定しております。
※両日ライブ配信を行います。後日ご覧頂けるアーカイブ配信もございます。


【会場】
多摩美術大学 上野毛キャンパス 演劇舞踊スタジオB


【ライブ配信情報】
下記のリンクよりご覧下さい。

12月5日(土) 16:30公演
https://youtu.be/lufGZeIyH_g

12月6日(日) 16:30公演
https://youtu.be/A7m7qZ1ravY

※アーカイブ配信については後日詳細を発表いたします。


【お問い合わせ】
Mail : tamabi.nohgaku3@gmail.com (公演制作部)
Twitter : @tamabinoh3
Instagram : tmb.nohgaku_3


パンフレットを見る

2020.09.29

2020年度 演劇舞踊デザイン学科 デジタルパンフレット公開

2020年度 演劇舞踊デザイン学科 デジタルパンフレット公開が下記からご覧いただけます。


[ 2020年度 演劇舞踊デザイン学科 デジタルパンフレット ] を見る

パンフレットを見る

2020.09.29

2021年度 劇場美術デザインコース 入学者選抜解説デジタル版 公開

2021年度 劇場美術デザインコース 入学者選抜解説デジタル版が下記からご覧いただけます。



[ 2021年度 劇場美術コース入学者選抜解説 ] を見る

2020.09.29

2020年度 上演制作実習・卒業制作 スケジュールについて

上演制作実習・卒業制作で生まれる作品群は一般にも公開されます。
上演、上映、展示を是非ご覧下さい。
公開情報の詳細は順次、下記WEBページにて発表いたします。
http://tamabi.ac.jp/sdd/stage2020/

《 上演制作実習 》
【演劇公演】
監修:糸井 幸之介
日程:2020年 12月5日(土) - 6日(日)
会場:多摩美術大学上野毛キャンパス 演劇舞踊スタジオB

【舞踊公演】
監修:勅使川原 三郎
日程:2020年 11月27日(金) - 28日(土)
会場:多摩美術大学上野毛キャンパス 3号館 103

【映像作品上映】
日程:2021年 1月8日(金) - 10日(日)
会場:多摩美術大学上野毛キャンパス 3号館映像スタジオ


《 卒業制作 》
【演劇公演】
監修:柴 幸男
日程:2020年 12月26日(土) - 27日(日)
会場:東京芸術劇場 シアターウエスト

【舞踊公演】
監修:勅使川原 三郎
日程:2021年 1月23日(土) - 24日(日)
会場:多摩美術大学上野毛キャンパス 演劇舞踊スタジオA

【映像美術作品展】
日程:2021年 1月21日(木) - 24日(日)
会場:多摩美術大学上野毛キャンパス 3号館 103


2020.01.29

『たまびコンペティション』ゲスト講評公開

12/15(日)に行われた『たまびコンペティション』のS(選抜)・野外プログラム公開講評会のゲスト(川添史子さん、坂本ももさん、野上絹代さん)の方々の講評文章を公開しました。 講評文のPDFは下記からダウンロードできます。


川添史子さん講評文
坂本ももさん講評文
野上絹代さん講評文

2020.01.20

修了制作展『3−207』が東京芸術劇場ギャラリー2にて開催

 多摩美術大学 大学院美術研究科 博士前期課程 演劇舞踊専攻 劇場美術デザイン領域の第1期生による修了制作展『3−207』が東京芸術劇場ギャラリー2にて開催されます。
 3−207は5名の第1期生2年間創作と研究の拠点で、様々な「モノ」がこの場所で作り上げられました。今回は原点に立ち、修士課程を締めくくり、第1期生5名はそれぞれ劇場美術デザインの作品を展示します。ぜひ楽しみしてください。
 3−207にようこそ!

主催
多摩美術大学 大学院美術研究科 博士前期課程
演劇舞踊専攻 劇場美術デザイン領域 第一期生

展示日程
2020.3.3(火)~3.5(木)
10:00~20:00
最終日18:00まで

会場
東京都豊島区西池袋1−8−1
東京芸術劇場5階ギャラリー2

入場料金
無料

お問い合わせ
tamabi3207@gmail.com

2019.11.16

3年次 上演制作実習Ⅰ 演劇公演『たまびコンペティション』開催

多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科
2019年度3年次 上演制作実習Ⅰ 演劇公演『たまびコンペティション』

監修:柴幸男

本公演では学生の企画立案による7作品をA・B・野外の3プログラムに分けて上演します。スタジオで上演するAプログラム・Bプログラムは、コンペの対象作品として監修 柴幸男による選抜を経て、Sプログラムで再上演の権利を得ます。公開講評会では、柴幸男とゲストによる講評を行います。

《上演作品》
【Aプログラム】※要予約
『ZWEISAMKEIT』/『雲、蜘蛛、くも、の、うえ』/『合唱』

【Bプログラム】※要予約
『くまとやまねこ』/『鍋底』/『ラジオ体操を明日、』

【野外プログラム】※予約不要
『ココトエンパシー』

【Sプログラム+公開講評会】※要予約
 A・Bプログラムから選抜された作品
公開講評会ゲスト
・野上 絹代さん
・坂本 ももさん
・川添 史子さん

《公演日程》
12/8(日)  【 Aプログラム】
 Aマチネ     13:00開演
 Aソワレ     18:00開演

12/14(土)【B・野外プログラム】
 Bマチネ   13:00開演
 野外マチネ Bマチネが終わり次第開演
 野外ソワレ 17:00開演
 Bソワレ   18:00開演

12/15(日)【S(選抜)・野外プログラム】
 野外ソワレ 17:00開演
 Sソワレ+公開講評会  18:00開演

※受付・開場は開演30分前より開始となります。

《会場》
多摩美術大学上野毛キャンパス
【A・B・Sプログラム】演劇舞踊スタジオB
【野外プログラム】中庭

〒158-8558東京都世田谷区上野毛3-15-34
大井町線「上野毛駅」より徒歩5分

《ご予約》入場無料・全席自由
※野外プログラムは予約不要
https://www.quartet-online.net/ticket/tamabi4th_competition

《お問い合わせ》
演劇舞踊スタジオ事務室 Tel 03-3702-1127(当日のみ)
公演制作部
mail:tamabi.sdd4th.seisakubu@gmail.com

2019.11.03

2019年度 演劇舞踊デザイン学科 卒業制作 舞踊公演

卒業制作舞踊公演は、舞踊ゼミの7名の学生が創作した約15分のソロダンス作品を上演します。上演の際には劇場美術デザインコース照明ゼミ生と共に一つの公演をつくりあげます。授業を通して、それぞれが自分自身の身体に最大限向き合う中で音楽と身体の関係に課題を持って創作に取り組んできました。長くも短い4年間を経て、「自分自身にとってダンスとは」この問いに各自が答えられる様、公演にのぞみます。

【公演日程】
2020年
1月24日(金) 15:00 / 19:00
1月25日(土) 15:00 / 19:00
1月26日(日) 13:00 / 17:00

●公演は全6ステージとなります。
●公演時間は約110分を予定しております。
●開場は開演時間の30分前となります。

【会場】
〒158-8558
東京都 世田谷区 上野毛3-15-34
多摩美術大学 上野毛キャンパス
演劇舞踊スタジオA
(駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください)

【ご予約】
入場無料(要予約)
下記予約フォームにて承ります。
https://torioki.confetti-web.com/form/1003

●予約の締め切りは公演日の前日24:00までとなります。
●開演時間を過ぎますと予約は無効とさせていただきます。
●開演時間を過ぎますとご入場できませんので、
お時間には余裕をもってお越しくださいますようお願いいたします。
●お席は先着順のご案内となります。

【お問い合わせ】
多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科 研究室
TEL: 03-3702-1186 (1/24-1/26以外の期間)
TEL: 03-3702-1127 (1/24-1/26)
対応可能時間/平日9:00-17:00
MAIL: buyou.tamabi@gmail.com

2019.10.25

卒業制作演劇公演『黄昏ゆーれいランド』開催

演劇舞踊デザイン学科第三期生による卒業制作演劇公演『黄昏ゆーれいランド』が東京芸術劇場シアターウエストにて開催されます。本作品はさまざまな幽霊が混じり合い物語が紡がれていく、キャスト総勢30名によるオムニバス作品です。
今回は、学科創設以来初の学生が作・演出をつとめるものとなります。キャスト、スタッフ全てが学生による卒業公演。四年間の集大成としてどんな作品が作り上げられるのか。ぜひご期待ください。
同時開催として、三期生の活動を紹介する企画展『キセキ』をアトリエウエストにて行います。公演と合わせてご覧下さい。

【脚本】
青木 幸也

【演出】
葛生 大雅

【出演・スタッフ】
演劇舞踊デザイン学科 第三期生

【監修】
糸井幸之介

【会場】
東京芸術劇場 シアターウエスト

【公演日程】
2020年1月10日(金)~2020年1月13日(月・祝)
1/10 13:00 / 18:30
1/11 13:00 / 18:00
1/12 13:00 / 18:00
1/13 13:00

【チケット】
S席   3,000円
A席   2,000円
U18席  1,000円 ※要証明書・各回枚数限定

【予約】
〈チケットぴあ〉
http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1941840
TEL:0570-02-9999(24時間受付・Pコード入力)

〈東京芸術劇場ボックスオフィス〉
TEL:0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)
http://www.geigeki.jp/t/(PC) http://www.geigeki.jp/i/t/(携帯)

●U18席 (カルテット・オンラインからのみ販売)
https://www.quartet-online.net/ticket/twilight_ghost_land

【同時開催】
多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科 三期生展
「キセキ」
入場無料
衣裳ゼミ三期生の卒業制作を主に、学科全体の四年間の活動も合わせて展示します。
是非私達の今までのキセキをご覧ください。
日程:1月5日~1月9日(9:30~21:30、最終日のみ9:30~17:00)
会場:東京芸術劇場 アトリエウエスト
*展示期間は、公演期間と異なりますのでご注意ください

【お問い合わせ】
多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科研究室
住所 〒157-8558 東京都世田谷区上野毛3-15-34
Tel:03-3702-1186
Mail:tamabi.sdd3rd@gmail.com
HP:http://tamabi.ac.jp/sdd/stage2019/
Twitter:@sdd3rd
Instagram:@tamabi_sdd3rd

2019.10.25

2019年度 劇場美術デザインコース2年インタークラスプレゼンテーション『砂箱』開催

多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科 劇場美術デザインコース2年
インタークラスプレゼンテーション
エドワード・オールビー作 鳴海 四郎 訳 『砂箱(短い劇)』

【インタークラスプレゼンテーションとは】
演劇舞踊デザイン学科は、その専門性により演劇舞踊コース・劇場美術デザインコースの2コースを有します。インタークラスプレゼンテーションとは、劇場美術デザインコース2年生の必修実技科目である「空間デザイン基礎Ⅱ」の後期課題です。美術、衣裳、照明などの基礎演習を、実践的に結実させ、上演作品を創作します。演出・舞台監督・制作も学生が担います。出演者は演劇舞踊コース2年生からの選抜です。

【日時】
2019年11月16日(土) 14:00/17:00
2019年11月17日(日) 13:00/16:00
※受付開始、開場は開演時間30分前となります。

【会場】
多摩美術大学 上野毛キャンパス 演劇舞踊スタジオA
(駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください)

【料金・予約】
入場無料(要予約)
ご予約はメールにて承ります。
観劇をご希望の回、氏名、人数、電話番号を明記の上、下記メールアドレスまでお送りください。
制作部からの返信メールにてご予約完了とさせていただきます。
sunabako2019@gmail.com

【ご注意】
■ご予約の締め切りは公演日の前日22:00までとなります。
■開演時間5分前を過ぎてもお越しいただけない場合、ご予約はキャンセルとさせていただきます。
■お席は自由席です。先着順のご案内となります。

2019.10.25

3年次 上演制作実習I舞踊公演『果てな』開催

演劇舞踊デザイン学科は、感性豊かな身体の表現者、創意豊かな空間を演出するデザイナー等の育成を目的とした学科です。それぞれの専門性から演劇舞踊コース・劇場美術デザインコースを設けカリキュラムを展開しています。本公演は3年 演劇舞踊コース舞踊ゼミと、劇場美術デザインコース照明ゼミ、舞台美術ゼミが合同で行う上演形式の課題発表です。

2019年度 多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科
3年次 上演制作実習Ⅰ
舞踊公演『果てな』

【開演時間】
2019年
11月8日(金) 19:00-
11月9日(土) 13:00- / 17:00-
11月10日(日) 13:00- / 17:00-

●公演は全5ステージとなります。
●公演時間は約70分を予定しております。
●開場は開演時間の30分前となります。

【会場】
〒158-8558
東京都 世田谷区 上野毛3-15-34
多摩美術大学 上野毛キャンパス
演劇舞踊スタジオB

(駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください)


【ご予約】
入場無料(要予約)
下記予約フォームにて承ります。
https://torioki.confetti-web.com/form/1000

●予約の締め切りは公演日の前日24:00までとなります。
●開演時間を過ぎますと予約は無効とさせていただきます。
●開演時間を過ぎますとご入場できませんので、お時間には余裕をもってお越しくださいますようお願いいたします。
●お席は先着順のご案内となります。

【お問い合わせ】
多摩美術大学 演劇舞踊デザイン学科 研究室
TEL: 03-3702-1186 (11/8-11/10以外の期間)
TEL: 03-3702-1127 (11/8-11/10)
対応可能時間/平日9:00-17:00
MAIL: sdd4kisei@gmail.com

2019.09.12

演劇舞踊デザイン学科 特別講義開催

演劇舞踊デザイン学科では、下記の通り特別講義を開催いたします。
興味のある方は是非ご参加ください。

【第1弾】
講義:『演劇広告のつくりかた』
講師:阿部 寿 氏
日程:2019年9月17日(火)
時間:16:20- (5限)
会場:上野毛キャンパス 3号館 3-302講義室
対象:全学科、全学年対象(予約不要)

講師プロフィール:
1981年多摩美術大学デザイン科グラフィック専攻卒業。
商業演劇から歌舞伎・能などの古典芸能、コンテンポラリーダンスまで、
舞台公演のチラシ・ポスターなどを多数手がける。読売映画・演劇広告賞最優秀賞ほか受賞。

【第2弾】
講義:『TSのミュージカル創造』
講師:謝 珠栄 氏(客員教授)
日程:2019年9月21日(土)
時間:16:20- (5限)
会場:上野毛キャンパス 2号館地下 B05講義室
対象:全学科、全学年対象(予約不要)

講師プロフィール:
振付家、演出家、TSミュージカルファンデーション主宰。大阪府出身。宝塚歌劇団に入団。退団後はニューヨークに留学し、帰国後は振付家として様々な劇団、演出家と組む。“演劇的な踊り”は高く評価され、その振付は演劇界に衝撃を与えた。第43回芸術選奨文部大臣賞新人賞、第16回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞、第34回松尾芸能賞ほか受賞歴多数。
2016年~2017年 演劇舞踊デザイン学科教授
教授在任中には、【演劇表現演習Ⅱ】における上演実習の演出を担当
2016年『AKURO悪路』
2017年『光の音』
2018年~演劇舞踊デザイン学科客員教授

2019.06.26

多摩美術大学×洗足学園音楽大学 コラボレーションオぺラ開催

【公演名】
多摩美術大学×洗足学園音楽大学 コラボレーションオぺラ
モーツァルト作曲 歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』ハイライト

※日本語台詞&原語上演
※未就学児入場不可

【コラボレーションオペラについて】
洗足学園音楽大学 声楽コース オペラ実習と多摩美術大学演劇舞踊デザイン学科3年の舞台美術ゼミ、照明ゼミ、衣裳ゼミの学生による合同上演実習。『コジ・ファン・トゥッテ』(2016年度)、『ヘンゼルとグレーテル』(2017年度)、『魔笛』(2018年度)に続き、本年度は初年度と同様のモーツァルト作曲『コジ・ファン・トゥッテ』を取り上げて上演いたします。初年度とは異なり、まったく新しい演出となります。この上演実習を通して学生たちが新たな出会い、新たな発見や創造ができることを期待し、学生同士の絆が上演という総合芸術を通してさらに強く深まることを期待しております。

【あらすじ】
2人組メイドユーチューバーのデス☆ピーナは、自分たちが仕えるセレブ姉妹、フィオルディリージとドラベッラの浮世離れした毎日を配信して大人気!しかし最近そのセレブ2人に彼氏ができて、番組のファンは減少気味。そこに敏腕コンサルのアルフォンソがやってきて、「セレブ姉妹に浮気させてみないか?」とそそのかす。番組に勢いを取り戻したいデス☆ピーナはこの企画に飛びつくが…。『Cosi fan tutte』(女はみんなこうしたもの)の真の意味とは何なのか。世にもポップな恋愛学校、いま開幕です!

【日時】
2019年8月2日(金)18:30  Aキャスト
2019年8月3日(土)15:00  Bキャスト
2019年8月4日(日)15:00  Cキャスト
※開場は開演時間の30分前となります。

【会場】
多摩美術大学 上野毛キャンパス 演劇舞踊スタジオA
(駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください)

【料金・予約】
入場無料(要予約)
ご予約は下記URLより承ります。
https://stage.corich.jp/stage/100723/ticket_apply

【ご注意】
●予約の締め切りは公演日の前日24:00までとなります。
●開演時間を過ぎますと予約は無効とさせていただきます。
●開演時間を過ぎますとご入場できませんので、
お時間には余裕をもってお越しくださいますようお願いいたします。
●本公演は演出の都合上、最前列が「桟敷席」となっております。
ご了承ください。また、お席は先着順のご案内となります。

READ MORE