ハラスメントに関する相談

  • TOP >
  • ハラスメントに関する相談

ハラスメント防止宣言

多摩美術大学は、高度な学理技能を教授研究し、国際社会に対応する幅広い教養を身につけた人格の形成を目的とする機関として、いかなるハラスメントも容認しません。

ハラスメントの定義

ハラスメントとは、「職場、研究教育の場における権力を用いた嫌がらせ」であると定義します。
嫌がらせを意図した権力の行使、意図せずに行った行動だけでなく、ジェンダー・民族・人種・障害などの差別に無理解な言動が度重なる場合も、受け手にとってはたいへん深刻な人権侵害となります。以下ではハラスメントの類型を示します。

セクシュアル・ハラスメント

相手の望まない性的な言動によって、相手に対して不快感や不利益を与えることで相手の人権を侵害することをさす。またその行為によって就労・就学を継続できない状況に追い込むことや教育・研究の環境を損なうことをいう。

パワー・ハラスメント

職位上あるいは業務上優越的な地位にある者が従属的な立場にある者に対して、その権限を利用・逸脱して不適切で不当な指導・嫌がらせの言動などを行うことをさす。

アカデミック・ハラスメント

教育・研究上の権威的又は優越的地位や権限を利用・逸脱して、教育・研究活動を一方的に妨害したり差別したり、不利益をもたらしたり、人権を侵害すること、及びその結果として教育研究環境を著しく阻害するような不適切で不当な指導や嫌がらせの言動を行うことをさす。

ジェンダー・ハラスメント

性別による差別意識に基づく言動により、相手方に不快感その他の不利益を与え、教育・研究、学習及び労働環境を悪化させることをいう。

モラル・ハラスメント

直接的な暴言・過度の叱責・罵倒などの言動のみでなく、文書・Eメールなどの間接的な誹謗・中傷・流言・仲間はずれ、悪意的な妨害など、相手に精神的・身体的な損傷を負わせたり、就学・就労、教育・研究を継続できない状況に追い込むような人権を侵害する行為、及び構成員の環境を悪化させることをいう。

その他のキャンパス・ハラスメント

不適切な言動であって、相手方に不快感その他の不利益を与えるものをいう。

ハラスメント防止委員会

ハラスメント防止委員会は、本学の教職員からなる委員会です。ハラスメントに関する相談・調査・調停・仲裁を行うことを目的としています。
ハラスメント防止委員会の委員には、守秘義務が課せられています。相談者の了承を得ずに相談内容を部外に漏らすことはありませんので安心して相談して下さい。

こんなときは?

あなたが被害を受けたら?

  • あなたは悪くない。
  • とりあえず逃げる。
  • 落ち着いて味方を作る。
  • 相談窓口を訪ねる。

あなたが被害を訴えられたら?

  • 多分あなたが悪い。
  • 冷静に「事実」を分析する。
  • 相手の価値観と感受性を認める。
  • 早めに謝罪する。

あなたが被害者に相談を受けたら?

  • とにかく話を聞く。
  • 勇気づける(理解を示し、元気づけ、手を差し伸べる)。
  • 加害者からの脅迫に備える。

あなたが加害者に相談を受けたら?

  • 犯人扱いせずに加害者の「被害者感情」に一定の理解を示す。
  • 加害行為の原因を一緒に探る。

※上記の対応は分かりやすく記述したものです。あなたに出来ないことは、「出来ない」と伝え専門家に委ねるのも大切な勇気です。

※委員会で使用している対応マニュアルです。相談された際の参考にして下さい。

相談窓口

困ったときは、スグに相談を

学内と学外の相談窓口を設けています。個別の事情に合わせて相談して下さい。

学内窓口

学内の教職員が相談にあたります。

八王子キャンパスの学生 harass-hachioji@tamabi.ac.jp
上野毛キャンパスの学生 harass-kaminoge@tamabi.ac.jp
教職員 harass-houjin@tamabi.ac.jp

学外窓口(ハラスメント・ホットライン)

「学内の教職員ではなく、専門家に相談したい」、「学内の関係者には知られたくない」、「気軽に相談したい」などの場合を想定して、専門業者とホットラインの契約をしています。電話相談、WEB相談が可能です。

公的機関へのリンク