昨年度入試からの変更点

2018(平成30)年度入試における昨年度からの変更点は以下のとおりです。

  • ※今後、さらに変更点が出る場合は随時こちらのページでお知らせいたします。

美術学部

募集人員

  • 以下のとおり美術学部の募集人員を変更します。

    学科 一般入試 推薦入試
    一般方式 センター
    Ⅰ方式
    センター
    Ⅱ方式
    日本画 25 10 若干名 35
    油画 70 50 10 130
    版画 17 → 15 6 → 5 7 → 10 30
    彫刻 13 → 12 13 → 12 4 → 6 30
    工芸 20 → 30 20 → 10 20 60
    グラフィックデザイン 98 68 18 184
    プロダクトデザイン 30 20 12 62
    テキスタイルデザイン 22 12 8 42
    環境デザイン 30 → 35 20 → 15 15 15 80
    メディア芸術 32 21 → 17 8 → 12 61
    情報デザイン 32 21 8 61
    芸術 15 → 18 10 → 8 10 → 9 5 40
    統合デザイン 65 43 → 39 4 12 120
    演劇舞踊 18 12 20 50
    劇場美術デザイン 14 → 12 10 → 8 6 → 10 30
    501 → 514 336 → 307 25 → 28 153 → 166 1015

一般入学試験

  • WEB出願となります。
  • 合格発表において、キャンパス内での掲示発表を廃止します。
  • 彫刻学科において、これまでの2月7日『デッサン』(5時間)、2月8日『立体造形』(5時間)を2月7日午前『デッサン』(3時間)、午後『立体造形』(3時間)とします。
  • 統合デザイン学科において、これまでの2月9日『鉛筆デッサン』(5時間)、2月10日『構成表現』(5時間)を2月13日『鉛筆デッサン』(5時間)、2月14日『構成表現』(5時間)とします。
  • 統合デザイン学科において、センターⅡ方式(4名)を導入します。

    教科 科目 必須・選択等
    国語 「国語(近代以降の文章を評価)」 必須
    数学 「数学Ⅰ・数学A」、「数学Ⅱ・数学B」 左記2科目のうち1科目選択
    外国語 「英語」、「ドイツ語」、「フランス語」
    ※英語においては、リスニングの成績は利用しない
    左記3科目のうち1科目選択

    ※外国語は100点満点に換算。国語(近代以降の文章)、数学は100点満点。
     数学において2科目受験した場合は得点の高い1科目を評価します。

推薦入学試験

  • 推薦入学試験の方式の名称について、「推薦Ⅰ方式」を「自己推薦方式」、「推薦Ⅱ方式」を「公募制推薦方式」に変更します。
  • 情報デザイン学科で1次選考を廃止します。
    うちメディア芸術コースでは、試験科目の「デジタルメディア作品あるいはデジタルポートフォリオ」と「面接」を「デジタルメディア作品あるいはデジタルポートフォリオ」「デジタル・ドローイング」(5時間)のいずれか選択と「面接」に変更し、その試験日程も「デジタル・ドローイング」選択者は2日間とします。
  • 統合デザイン学科の「英語」において、指定する外部試験『実用英語技能検定(英検)』(1級~準2級に限る)、『TOEFL iBT®』、『TOEIC® Listening & Reading Test』、『TOEIC® Speaking & Writing Test』、『TOEIC Bridge® Test』、『IELTS™』のいずれかのスコアを換算し利用します(複数利用の場合はスコア換算後最も高い得点を評価します)。
  • 統合デザイン学科において、これまでの『小論文(問題解決型)』(2時間)を『小論文(問題解決型)』(3時間)とします。
  • 統合デザイン学科、演劇舞踊デザイン学科(演劇舞踊コース・劇場美術デザインコース)の試験を上野毛キャンパスで行います。

外国人留学生入学試験・3年次編入学試験

  • 外国人留学生入学試験と3年次編入学試験(外国籍の者)は「日本留学試験」「日本語能力試験」を過去2年間より1回遡った試験の受験までを出願資格として認めます。日本留学試験については「日本留学生試験 成績に関する証明書」、日本語能力試験については「合否結果通知書」「日本語能力試験 認定結果及び成績に関する証明書」のいずれかにより受け付けます。

研究生選考

  • 統合デザイン学科と演劇舞踊デザイン学科において募集を開始します。 
  • 研究生の学費をこれまでの入学手続時に「前期分のみか前後期一括か選択」を「前後期一括のみ」での払込みとします。