「TAMABI select -1-」展

構想計画設計ゼミ(担当:海老塚教授)、展覧会設計ゼミ(担当:家村教授)に所属する学生の企画、 「TAMABI select -1-」展を開催しています。 是非、会場にお越し下さいますようお願いいたします。 会期:2016年5月23日(月)〜5月30日(月)※29日(日)は休館 時間:9:00~19:00(最終日は17:00まで) 会場:多摩美術大学八王子キャンパス アートテーク・ギャラリー     … Read more

「わたしが経験した戦争ーーとなりの国・韓国から日本の若き人たちへ」

2016年度 21世紀文化論 第1回講座 「わたしが経験した戦争ーーとなりの国・韓国から日本の若き人たちへ」 講師:羅 英均(ナ ヨンギュン)氏(韓国英文学者) 日時:5月28日(土)12時半開場/13時開演 会場:多摩美術大学八王子キャンパス レクチャーホールBホール 入場無料・事前予約無し お問合せ:芸術学科研究室 (TEL:042-679-5627) 共催:多摩美術大学芸術人類学研究所

ことば・郵便・アート 本をつくる・歴史をつくるⅢ 開講のお知らせ

Crystal Cage College四谷 書物論研究講座 本をつくる・歴史をつくるⅢ ことば・郵便・アート  紙を束ねて〈本〉とすることで、人びとは世界をひろげてきました。 ことばや絵を紙に載せ、心をこめて他者へ送り届ける〈郵便〉というスタイルもまた、 人間の本質に根ざしたものです。人と人とがつながりあいたいという本能的な欲求は、 社会制度に直接左右されることなく、郵便を工夫して作りだし、育て … Read more

音楽のような手法で制作した演劇とは?〜Whooops!Vol.12のPDF版発行

多

摩美術大学芸術学科フィールドワーク設計ゼミでは、アート誌 「Whooops! 」 [ウープス]Vol.12のPDF版を発行しました(紙版=無料=は今年1月初旬に発行済)。

「音楽のような手法で演劇を制作」と見出しをつけた記事は、演劇『それからの街』の公演をリポートした内容。「楽譜を書くように作った」というこの作品の神髄に迫ります。

「ゲキ☓シネ」と「2.5次元ミュージカル」は、実際の作品のありようを検証しながら試みた用語解説のページ。そのほかにも地下帝国、村上隆の五百羅漢図、曽谷朝絵の光の作品などの記事で構成。紙版を読み損ねた方、ぜひPDF版をお楽しみください。

(下記のリンクをクリックするとダウンロードできます)

Whooops!Vol12PDFVersion

Whooops!Vol12Hyoushi

芸術学科特別講義

芸術学科特別講義「東西デザイン史 (芸術人類学)」 多摩美術大学芸術学科・芸術人類学研究所共催 「縫いと刺繡のプログレス―伝統技術から現代アート その広がりと可能性」 講師:山下ちかこ氏
(刺繍作家/女子美術大学非常勤講師) 日時:5月27日(金)13時開演 会場:多摩美術大学八王子キャンパス 情報デザイン棟・芸術学棟3F 25-312教室 入場無料・事前予約無し お問合せ:多摩美術大学 芸術学科 … Read more

2015年度 卒業論文一覧

2015年度 芸術学科の卒業論文一覧です。 『空の境界』はセカイ系か 『anan』創刊後のファッションの傾向――ファッション誌と社会背景の関係性―― 九州地方の土人形――五つの工房を訪ねて―― 誘惑する透明性――ジョルジュ・スーラの《グランド・ジャット島の日曜日の午後》をめぐる解釈の多様性について Dressing is a way of life. 服装は生き方である――Yves saint L … Read more

2015年度「東野芳明記念・芸術学科優秀修了/卒業論文賞」決定!

【「東野芳明記念・芸術学科優秀修了/卒業論文賞」とは】 芸術学科の学生にとって、もっとも大きな課題は卒業論文です。 毎年、多彩なテーマのもと、優れた論文がたくさん書かれていますが、 その中でも特に優秀なものに対して贈られるのが、「東野芳明記念・芸術学科優秀卒業論文賞」です。 芸術学科創設時の教授で、高名な美術評論家でもあった故・東野芳明先生のご功績に因んだもの。 大学院生、学部生それぞれに対して授 … Read more