東近美でモーツァルト、ブラームスなど演奏するおしゃべり付きのコンサート

東京国立近代美術館(東京・竹橋)で、「トーマス・ルフ展」(※)の関連イベントとして、9月11日にモーツァルトやブラームスを演奏するおしゃべり付きのコンサートが開催されます。ロスアンジェルス交響楽団元首席ヴィオラ奏者の大山平一郎氏、東京交響楽団コンサートマスターの水谷晃氏らが演奏、本学科の小川敦生教授が「ゲストスピーカー」として参加します。来場したお客様との「対話」(ダイアローグ)の時間も設けられま … Read more

書物設計ゼミが母体になっている、実験的なオンライン書店が開店しました。

BOOK ARCHIT は、「編集」や「印刷」や「刊行」についてさまざまに手探りしてきた複数の組織(大学、財団法人、ギャラリー、研究所、研究会、刊行会、その他の団体)を、さらに結び合わせる複合体です。この実験的な空中書店では、支配的な文化や資本から遠いところで構想された「本」を中心に、「冊子」「新聞」「写真」「CD」「エフェメラ」などの多様なインプレス(刻印)の形態が、順次並んでいきます。 URL … Read more

オープンキャンパスにて個人制作を展示しました

7月16、17日に行われたオープンキャンパスにて個人制作を展示しました。 「アーティストブック」という昨年の展示物とは少し違った形式をテーマとし、より斬新な本の形を体感して頂けたならば幸いです。 たくさんのご来場ありがとうございました。

芸学生対象のヴィジュアル作品コンテスト応募開始

 アート誌『Whooops!』(フィールドワーク設計ゼミ発行)はこの秋 芸学ヴィジュアル作品コンテスト2016 を開催します! 〆切は9月末! イラスト、写真、CGなどの紙媒体での表現を前提としたヴィジュアル作品のコンテストです。 対象は本学芸術学科に今年度在籍している学生。 ふるってご応募ください。 応募要項については、下記にリンクを貼ったチラシ裏面をご覧ください。 芸学ヴィジュアル作品コン … Read more

荻原規子、シリアルキラー展などの記事掲載 Whooops!Vol.13発行

フィールドワーク設計ゼミは、このほどアート誌『Whooops!』Vol.13(無料)を制作・発行しました。新刊となった古事記の絵本版でテキストを担当した小説家、荻原規子さんは、インタビュー記事で「特に声に出して読むことをおすすめしたい」との言葉を話しているのが印象的です。そのほか三宅一生展、若冲展、シリアルキラー展の探訪記など読みどころ満載です。不条理を感じるのが癖になる「面白まんが」も掲載してい … Read more

体感美術―川崎市岡本太郎美術館の空間構造

多摩美術大学芸術学科 美術館資料論 特別講義 「体感美術館―川崎市岡本太郎美術館の空間構造」 講師:平野暁臣氏 (空間メディアプロデューサー/岡本太郎記念館館長) 日時:7月21日(木)13:00 〜 14:30 場所:芸術学棟 3F 25-312教室 入場無料・事前予約無し お問合せ:芸術学科研究室 042-679-5627

震災とアート

大学院芸術学専攻芸術学研究領域オープンキャンパスイベント 「震災とアート」 ゲスト:窪田研二(インディペンデントキュレーター)× 山内宏泰(リアス・アーク美術館学芸員・学芸係長) 日時:2016年7月17日(日)14:00開演(13:30開場) 会場:多摩美術大学八王子キャンパス 情報デザイン棟・芸術学棟3階 25-312教室 企画:多摩美術大学大学院芸術学専攻 芸術学研究領域 入場無料(満席の場 … Read more