青木淳さんと平出教授のトークショー開催のお知らせ

ルイ・ヴィトンビル、青森県立美術館などの作品で世界的な評価を得る建築家・青木淳氏が厳選した「建築文学」10編を収めた、講談社文芸文庫の新刊『建築文学傑作選』。その刊行を記念し、青木氏と収録作家の一人である平出教授とのトークイベントが紀伊國屋書店新宿本店にて開催されます。 『建築文学傑作選』刊行記念 青木淳さん×平出隆さんトークショー 日時:2017年4月4日(火) 18:45開場 19:00開演 … Read more

海外における企業とアートの関係」セミナー@IMA CONCEPT STORE

本学科の小川敦生教授が、3月21日に東京・六本木のIMA CONCEPT STOREで開かれるセミナー「海外における企業とアートの関係」に、米国ミネアポリス美術館の中森康文氏とともにゲスト参加者として登壇します。 タイトル:「海外における企業とアートの関係」 日時:2017年3月21日(火)19:30~21:30 会場:IMA CONCEPT STORE(東京・六本木) 登壇者:中森康文(米国ミネ … Read more

【タマガ見聞記】紙の世界を旅する

「タマガ」とは/本学科フィールドワーク設計ゼミが発行しているウェブマガジンです。芸術関連のニュース、展覧会評、書評、美術館探訪記、美術家のインタビューなどアートにかかわる様々な記事を掲載します。  東京・北区の「紙の博物館」は、紙の百科事典のような存在だ。しかも、実物を見せてくれたり、ものによっては触らせてもらえたりする。驚くほど美しい紙や、紙には見えない紙もある。4つの展示室を歩き、普段何気なく … Read more

特集「アートの壁」などを掲載したWhooops!Vol.15を発行

本学科フィールドワーク設計ゼミ(担当:小川敦生教授)では、アート誌『Whooops!』Vol.15(無料)を発行しました。特集は「アートの壁」。2万年も前に壁にアートを描いたクロマニョン人、移設して新たな魅力が加わった片岡球子の陶板壁画などを取材した記事を掲載しました。そのほか、「アイヌの人々の踊りと音楽を楽しむ」などの記事もお読みいただけます。 冊子は、本学八王子キャンパス(芸術学棟ほか/ただし … Read more

海老塚耕一「《励起する表面》作品を触れる・見る・感じる」展 開催のお知らせ

海老塚耕一教授の展示が開催されます。 海老塚耕一「《励起する表面》作品を触れる・見る・感じる」展 会期:2017年2月5日(日) – 19日(日) 時間:10:00-19:00[入館は18:30まで] 観覧料:100(80)円 ()内は15名以上の団体料金 未就学児無料 土曜日は小中学生無料 ワークショップ 2017年2月11日(土・祝) 14:00〜 会場:八王子市夢美術館    〒104-00 … Read more

本をつくる・歴史をつくるⅢ  ことば・郵便・アート 第3回開講のお知らせ

本をつくる・歴史をつくるⅢ ことば・郵便・アート 第3回 本と手紙の闘い  メール・SNS・ネット環境は、近代における手紙と本との敵対関係 (手書き/活字、私/公、オリジナル/複製、破片/全体……)を溶解し、解消したかに見えます。 しかし、このバリアフリー化、ポストモダン化は、人間の根源的な行為としての「読み/書き」の頽廃を肯定していないでしょうか。 「ことば・郵便・アート」最終回となる第3回は、 … Read more