学科紹介 About us


■ 学部

アドミッションポリシー

新鮮で創造的な表現世界を切り開きながら、造形に関わる総合的な思考をもち、版画のみならず絵画理論と実践の両面から自在な表現者として自立できること。 また国際的に幅広い視野をもち、社会的なコミュニケーションをとることができる人材を求めます。


カリキュラムポリシー

1・2年次の基礎課程は、版の構造を理解した上で基本的な技法を修得することに主眼を置き、版についての科学的知識やシステムに基づく発想力を学ぶと同時に、課題作成を通じて基礎的な技術を徹底的に身につけます。3・4年次の専門課程では、各自の選択した版種によって、高度な専門知識や技法を修得しながら、独自の表現を展開していきます。


ディプロマポリシー

版画の技法を研究習得し、芸術に対して自由な広がりと主体的な思考を、制作の中で実現し作品の発表・展示などのプランニングができるアーティストやクリエーターを目指せたか。


取得可能な資格

中学校(美術)教諭一種
高等学校(美術・工芸)教諭一種免許状
学芸員資格



■ 大学院

アドミッションポリシー

大学の4年間で習得したものを専門的に探求し、さらに多角的な視野と思考により「版表現」の可能性を求め、アーティストやクリエーターを目指す者として国際社会で活躍しようとする人を求めます。


カリキュラムポリシー

時代における版表現の各々の意味と意義を考え、より多角的な視野と思考により鮮明で創造的かつ作家やクリエーターとしての発表能力を深める制作研究を行います。また、実際的な国際活動や発表を通して柔軟なコミュニケーション能力を養うことも重要であり、よりグローバルに国際社会へ適応する研究領域の具体化を目指します。


ディプロマポリシー

版画領域のみならず、芸術全般における高度な知識と専門能力を身につけ、自己のテーマに沿って、版表現を深く追求しているか。また、作品の発表や社会参画にも積極的に取り組み、将来の創作活動への方向を見据えながら、表現者として自己確立をしていくことはできたか。