客員教授:武田厚
客員教授:武田厚

略歴

1966
山種美術館 学芸員(~68.7)
1968
北海道美術館 学芸員(~73.3)
1973
北海道立新美術館準備室主任学芸員(~77.3)
1977
北海道立近代美術館学芸課長(~80.3)
1980
北海道立近代美術館学芸部長(~87.3)
1987
横浜美術館準備室学芸部長(~89.3)
1989
横浜美術館学芸部長(~00.3)
1994
明治大学博物館学特講(~現在に至る)
2000
横浜美術館学芸副館長
1985
弘前大学(教育学部)非常勤講師(~96)
1990
東京学芸大学(美術館学)非常勤講師(~92)
2001
横浜美術館退職
2001
多摩美術大学造形表現学部非常勤講師
2003
多摩美術大学造形表現学部客員教授(現在に至る)
2005
多摩美術大学工芸学科ガラスプログラム客員教授

所属学会・所属団体

美術評論家連盟会員, 日本ガラス工芸学会理事,(財)芸術文化振興協会理事長

主な著書、学術論文、学会発表等

「パスキンーパリの憂鬱」(単著/北海道新聞社/1981)
「現代ガラスの魅力」(単著/芸術新聞社/1992)
「岩田藤七のガラス芸術」(編著/光村推古書院/1993)
「パスキン」(編著/岩崎美術社/1995)
「現代ガラスの表現」(単著/有隣堂/1999)
「藤田喬平のガラス」(編著/求龍堂/2000)
「KYOHEI FUJITA - The man and his work」(共著/BORGEN デンマーク/2000)
「ガラス大百科」(共著/ぎょうせい/1993)
「博物館学講座8」(共著/雄山閣出版/1979)
「民族芸術」(共著/講談社/1994)
「エコール・ド・パリの群像」(共著/小学館/1992)

その他、「博物館研究」(日本博物館協会)、「NEUES GLAS」(ドイツ)、「明治大学研究紀要」(同大学学芸員課程)、各美術専門誌、及び現代ガラス他の展覧会企画、監修、カタログ等の執筆多数