ComputerStudio
 
コンピュータスタジオA - AV機器の利用方法
ラック内電源
AVラックのガラス扉を開け、中央上部のスイッチを入れます。(緑に点灯)
     
プロジェクタ
リモコンでプロジェクタの電源を入れる。
本体電源ボタン周囲が点滅し、ウォームアップします。
約30秒後、電源ボタン及び他方のボタンが点灯し、投影開始します。
講師用PC画面はプロジェクタのリモコンの「Source」から「HDMI1」を選択する。
終了する際には、リモコンで電源ボタンを2度押して落とす。
(※1度だけですと画面にメッセージが表示されるのみで、終了はしてません。)
本体電源ボタン周囲が点滅し、クールダウンに入ります。
約15秒後、他方のボタンのみが消灯したら終了です。
     
スクリーン
引き下げた状態のままにしてください。
     
マイクの音が出ない時は以下をご確認ください。
上述のメインスイッチがONである。
ワイアレスマイクのパワースイッチが緑に点灯している。
ワイアレスマイクチューナー(WT-PH32)の電源がONである。
AVアンプ(AX-603 mkII)の電源がONである。
AVアンプの入力がチューナー(オレンジのシール)になっている。
スピーカーボタンが「1」のみPUSH状態である。
     
プロジェクタの映像が表示されない場合は以下をご確認ください。
モニタアダプタは抜け易いので、接続がきちっとされているかを確認してください。
プロジェクタの入力が「HDMI1」になっている。
AVラックの中央上部のスイッチが入っている(緑に点灯)。
     
AV機器の各設定の初期状態はオレンジのシールで示してあります。
設定やケーブル類の接続を変更した場合は、授業終了後、必ず元に戻しておいてください。
     
     
コンピュータスタジオB - AV機器の利用方法
ラック内電源
AVラックのガラス扉を開け、中央上部のスイッチを入れます。(緑に点灯)
     
プロジェクタ
リモコンでプロジェクタの電源を入れる。
本体電源ボタン周囲が点滅し、ウォームアップします。
約30秒後、電源ボタン及び他方のボタンが点灯し、投影開始します。
講師用PC画面はプロジェクタのリモコンの「Source」から「HDMI1」を選択する。
終了する際には、リモコンで電源ボタンを2度押して落とす。
(※1度だけですと画面にメッセージが表示されるのみで、終了はしてません。)
本体電源ボタン周囲が点滅し、クールダウンに入ります。
約15秒後、他方のボタンのみが消灯したら終了です。
     
スクリーン
引き下げた状態のままにしてください。
     
マイクの音が出ない時は以下をご確認ください。
上述のメインスイッチがONである。
ワイアレスマイクのパワースイッチが緑に点灯している。
ワイアレスマイクチューナー(WT-PH32)の電源がONである。
AVアンプ(AX-603 mkII)の電源がONである。
AVアンプの入力がチューナー(オレンジのシール)になっている。
スピーカーボタンが「1」のみPUSH状態である。
ミキサーのフェーダーが指定の位置である。
     
プロジェクタに講師用PCの映像が表示されない場合は以下をご確認ください。
モニタアダプタは抜け易いので、接続がきちっとされているかを確認してください。
プロジェクタの入力が「HDMI1」になっている。
AVラックの中央上部のスイッチが入っている(緑に点灯)。
     
Aスタジオの映像や音声を流す場合について
Aスタジオのプロジェクタリモコンの「Source」から「PC」を選択してください。
スタッフ(CS-Staff)から、アダプタを受取り、AスタジオPC背面のモニターケーブルを変更してください。
Bスタジオプロジェクタのリモコンの「Source」から「PC」を選択すると、Aスタジオの講師用PCの画面が表示されます。
Bスタジオプロジェクタのリモコンの「Source」から「Video」を選択することにより、Aスタジオ備え付けのカメラの映像が表示されます。
ラック内スイッチャーのCH2を選択してください。
ラック内ミキサーのチャンネルBのフェーダーを指定の位置にしてください。
     
AV機器の各設定の初期状態はオレンジのシールで示してあります。
設定やケーブル類の接続を変更した場合は、授業終了後、必ず元に戻しておいてください。
     
     

     
問い合わせ窓口 情報センター
    内線  925
    メールアドレス   mc2@tamabi.ac.jp