産学官共同研究

産学官共同研究の概要

産学官共同研究の歩み

目まぐるしく変化する価値観を先取りして市場を開拓したいという企業にとって、次世代の価値観を担う学生の潜在能力への期待は大変大きいものがあります。一方で、卒業後に職業人としてマスマーケットへ向けたデザインに直面しなければならない学生にとって自らの提案が企業で実施され、エンドユーザーの評価を受けられる機会は何にもまして得難い経験となります。

このような双方のニーズが合致し、実現した本学の産学官共同研究は、地域や社会と連携し、広く全学的に支えられながら歩んできました。社会と関わりながらデザインや制作をすることで、大学教育では経験できないさまざまな判断や創造性が要求されるなか、研究に参加した教員、学生たちは知力・体力・感性をフルに発揮して実績を重ねることになったのです。

当初は教育支援を目的に大学側から外部組織に研究を依頼する形からスタートした産学官共同研究は、現在では大学が外部からの研究支援に応じるという形に進化を遂げ、社会において高い評価を得、現在では国内外の有力企業、団体から共同支援の依頼が引きも切らない状態となっています。そして現在、本学では1985年からの蓄積を経て、産学官共同研究を効果的に進めるノウハウの確立がなされています。複数学科のジョイントによる共同研究や横断的なカリキュラムの構築などのダイナミックな教育体制も実現されました。また、カリキュラムに組み込まれたリアリティある産学官共同研究は、各界から高い評価を受け、最近では産業界の大手企業との共同研究に加え、地方行政や医療法人などの福祉事業、また海外からの依頼も増加しており、芸術と社会の新しい展開へと向かっています。

産学官共同研究の内容と展望

本学の産学官共同研究の内容は大きく3つに分類できます。

"実施"タイプ

製品化、具現化を前提としてテーマやアイテムが指定される研究プロジェクト。学生のデザイン・創作物が商品として流通し、提案の一部は意匠登録・特許取得などがされたうえで社会に還元されます。

"Future Design"タイプ

必ずしも実施が目的ではなく、未来を予測することによって、まったく新しい製品の考え方や新しい市場のヒントを探ろうとする研究プロジェクト。

"自治体へ提案する"タイプ

製地場産業・伝統工芸などの啓蒙に関わるもので、地域の活性化や地域産業の発展に大きく貢献している研究プロジェクト。

このように多岐にわたるプロジェクトに柔軟に対応するため、本学では産学官共同研究の窓口として研究支援部を設置しています。全学科を俯瞰し、研究成果物の公開・各学科間の共同プロジェクトやイベント・各教員間での共同研究・他大学との共同事業を推進しています。

進行プロセス

産学官共同研究は、最初のテーマ設定から、最終的に研究成果を報告書や展示などによって発表するまで、多くのプロセスを必要とします。

テーマ検討・契約 事前に研究内容・日程について企業と大学のスタッフで詳細を打ち合わせ、契約を結びます。
Kick Off・説明会 研究依頼内容の説明・質疑応答を行います。
調査

共同研究開始。調査や合宿を行います。

中間チェック リサーチから得られた気付きやキーワードをもとに、それぞれアイデアへとつなげます。アイテムのプレゼンテーションをしたり、テーマやスタイリングのチェックを繰り返し行い、デザインを固めていきます。
中間発表会

途中段階で、企業側にプレゼンテーションを行い、確認・軌道修正をするためのスタイリング・チェックなどを経て最終提案物へつなげていきます。

モデル制作 最終成果として、発表会に向けて実際にモデルを制作します。
最終成果発表会

依頼主に対して研究成果を報告します。学内・学外展示会の開催、報告書作成などで学内・学外に発表します。

産学官共同研究に関するお問い合わせ先

窓口:研究支援部
E-mail:sre@tamabi.ac.jp
Tel:042-679-5666
Fax:042-679-5699