絵画学科油画専攻

小泉 俊己

KOIZUMI Toshimi

教授

  • 1958年 東京都生まれ
  • 1983年 多摩美術大学美術学部彫刻科卒業
  • 1985年 多摩美術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了
  • 1998年 多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻講師
  • 2003年 同助教授
  • 2009年 同教授

主な受賞歴

  • 2011年 第37回中原悌二郎賞

主な活動歴・所属団体等

  • 1989年 現代日本美術展 -20ste Biennale Middelheim -Japan(ミッデルハイム野外彫刻美術館/ベルギー)
  • 1992年 「彫刻の遠心力」 -この10年の展開(国立国際美術館)
  • 1993年 文化庁芸術家在外派遣研修員としてドイツ滞在(〜94年)
  • 1998年 アート/生態系 -美術表現の「自然」と「制作」(宇都宮美術館)
  • 2005年 第21回現代日本彫刻展(宇部市野外彫刻美術館)
  • 2007年 物語の彫刻(東京藝術大学美術館陳列館)
  • 2011年 個展「Atlas」(香美市立美術館)
  • 2016年 個展「POLARIS」(カスヤの森現代美術館)

研究テーマ

作品が成立する地点とはどこか、あるいはあたりまえに成立させられてしまうフレームへの問いかけ。そして、あらたなる可能性としての「場」についての実践的検証

代表作品

  • 1985年
    鉄、銅
  • 1991年
    ブロンズ、大理石、鉄
  • 2011年
    高知県香美市美術館

担当授業科目

実技ⅢA/実技ⅢB/実技ⅢC/実技ⅢD/実技ⅣA/実技ⅣB/実技Ⅰ/実技Ⅱ/卒業制作
(2019年度参考)

最終更新日: 2019年6月21日